マッスル北村「限界に挑戦した男」[全文掲載]①

2000年8月3日、突然この世を去ったマッスル北村。
その衝撃から20年経った今でも多くの人の心に彼の魂は生き続けている。
まさに北村克己が口癖のように語っていた
「肉体は滅んでも魂は永遠に生き続ける」そのものではないだろうか――。
本誌では忘れえぬマッスル北村の伝説を若い読者の方にも語り継いでいきたい。
文:浦田浩行

まだインターネットが普及する前の1980年代初期、当時はボディビルについて何か知りたかったら専門誌を読むか、あとはジム仲間との情報交換ぐらいしか方法がなかった。そんな時代に、口コミだけで、ボディビル界をワクワクさせたボディビルダーがいた。

例えば「東大の北村はプルダウンだけで60セットもやっている」「東大の北村は生卵を1日30個飲んでいる」「東大の北村は巨大な鍋のおじやを全部食べるまで寝ない」などなど……。そんな、ちょっと信じられないような情報が飛び交っていた。

当時のボディビルファンたちは、真偽が定かでないような噂話でも喜んで飛びついた。それくらい新しい情報に飢えていたし、自分の糧になるならどんな話題でも貴重だった。しかし、「東大の北村」というボディビルダーについては、噂だけが先行し、実際に見た人はとても少ないという、ちょっとミステリアスな存在だった。

そんな口コミだけで注目の的になっていた東大の北村が、弱冠22歳でついに社会人コンテストのステージに現れたとき「あれは噂ではなく本当かもしれない」と思った人も多かったはずだ。それくらい他を圧倒するようなバルクを、わずか2年という短期間で作り上げていた。北村克己という計り知れない才能を持った新人の登場に多くの人が熱狂し、どこに行っても彼の話題で持ちきりだった。

そんな、ボディビルダーとして将来を嘱望された北村だったが、39歳という若さで惜しまれながら急逝した。あれから20年もの歳月が経過したこともあって、彼の活躍どころか、存在すら知らないという人が増えたのも当然だろう。

今回は、北村克己というボディビルダーが存在したことを全く知らない人のために、あるいは、知っている人でも改めて思い出してもらうために、彼の辿った足跡を紹介していきたい。

ボディビルとの出会い

北村克己は1960年10月、東京練馬区で北村家の長男として生まれた。彼の父親は東京藝術大学を首席で卒業し、学校の美術教師として家族を養うかたわら、彫刻家として数多くの躍動的な彫像を残している。代表作は旭川市の彫刻美術館や花咲スポーツ公園、旭川空港や中標津空港をはじめ、練馬区の石神井図書館や早宮公園などにも設置されている。

小学校時代は水泳、中学時代は自転車、器械体操などに夢中になっていた北村だが、高校に入ると本格的に身体を鍛えることに目覚める。自転車や長距離走に加えて一千回を超える拳立て伏せをこなしたり、今で言うところのパルクールのようなことをやって日々、体力の限界に挑んだ。勉学においても、中学時代の全国模試ではトップクラスで、進学校として名高い東京学芸大学附属高校に進む。 現役での大学進学を目指していたが、第一志望の東京大学は不合格となり浪人を決意。予備校に通うことになる。結局、二浪して東大に入るが、浪人1年目には慶応大学医学部、防衛医大に合格していたことも付け加えておきたい。

予備校時代にボクシングを開始し、ゲームセンターのパンチングマシンを何台も破壊するなど彼のパワーあふれるパンチ力はボクシングジムのコーチも認めるところだった。彼自身もこれこそ生涯をかけてやり遂げるスポーツだと思い始めた矢先、スパーリングでコーチを失明寸前にまで追い込んでしまったことがきっかけとなり継続を断念。ボクシングの代わりになるものを探していたころ、近所の練馬区総合体育館のトレーニングルームを訪れ、生まれて初めてボディビルダーを目の当たりにして衝撃を受ける。しかも「腹筋のキレがいい」という理由で大会出場を勧められ、わずか55㎏の体重しかなかったのに2週間後の学生コンテストへの出場を決意する。 このときのボディビルに対する印象について「重要度の割合から言うとトレーニングが1で食事が9だと教えてくれたんだけど、なんて怠慢なスポーツなんだと思った」と言って彼は笑っていたが、「でも実際にやってみると、たった1㎝太くするのがどれほど大変かが分かって、ボディビルにのめり込んでいった」とも語っている。

才能の開花

二浪して東京大学の理科Ⅱ類に進学したが、講義に出席したのは最初の1週間ほど。明けても暮れてもボディビルのことしか考えられず、トレーニング漬けの毎日だった。

1981年6月、勧められるまま出場した初めての学生ボディビルコンテストでは全く歯が立たず、あまりの悔しさに決勝審査を待たずに会場をあとにした。このコンテストを振り返って彼は後にこう語っている。

「あのときの無残な敗北があったから今がある。もし表彰台に上がっていたら、ボディビルに魅力を感じないまま去っていた」。

コンテストで惨敗した翌日から早速アルバイトを開始した。警備員や引っ越し作業、プール監視員で稼いだ金はすべて大量の卵、ツナ缶、プロテインになって消えていった。それから5ヵ月後の11月には東日本学生コンテストに出場し、8位に入賞している。ちなみに、この大会で上位に入った選手の中には、後にバイセップスマンとして人気者になる高橋重信(3位)や、抜群のプロポーションでミスター日本でも活躍することになる大河原久典(9位)がいた。

翌1982年の関東学生コンテストでは学連の部に出場し、仕上がりは甘かったが驚くほどバルクを増やして一気に3位まで順位を上げた。そして、ボディビルを本格的に開始して2年目の1983年、彼の才能は一気に開花した。もはや学生のレベルをはるかに超えた筋量で関東学生のステージに立ち、オープンの部で圧勝。胸、背、腕、腹の部分賞とモストマスキュラーも獲得した。

勢いに乗った彼はこの2ヵ月後、社会人コンテストデビュー戦となるミスター関東で、85㎏の体重を残して5位に入賞してしまう。さらに、その3週間後のミスター東京では3位に入り、日本のボディビル界に北村克己の名前が一気に広まっていった。

1984年は、7月のジャパンチャンピオンシップス(世界・アジア代表選抜)で榎本正司に敗れミドル級2位、ミスター東京でも井口吉美智に敗れて2位に終わったが、ミスター関東では念願の社会人初タイトルを獲得。ちなみに、同大会でミス関東のタイトルを獲得したのが飯島ゆりえだった。

愛犬クロの存在

この頃、東京大学を中退し、東京医科歯科大学へ進学。もちろんこのときは医学の道に進むことに何の迷いもなかったが、後に休学し1989年に中退してしまうことになる。

東京医科歯科大を中退したのは、ボディビルを中途半端に終わらせたくなかったからだが、実はもうひとつ、医学の道を断念したくなる理由が彼にはあった。医師になる過程で動物実験は避けられず、それに対する違和感がずっと心に残っていたのだ。彼にとって動物はかけがえのない存在であり仲間だった。犬や猫はもちろん鳥や爬虫類、それこそ昆虫に至るまで、北村は生き物の命を大切にした。「いつも周りの動物たちに助けられた」と、自分が飼っていた動物たちのことを話してくれることもあった。中でも格別な存在だったのは、本誌に連載していた「ボクの履歴書」にも登場する愛犬、クロではないだろうか。

話は前後してしまうが、実は北村にも苦悩の日々があった。一時期はボディビルコンテストから遠ざかり、芸能界に入ったといっても身体を張るような仕事ばかりで、ケガをすることも多かった。人に夢を与えるどころか、それこそボロ雑巾のようになって帰宅するような毎日にひどく失望していた。自暴自棄になり連日浴びるように酒を飲んで全てを忘れようとしていた。彼はその当時のことを、ゼスチャーを交えながら「もうね、ここまで、そう首まで酒に浸かるぐらい飲んでた」と、尋常ではなかった飲酒量を思い出して苦笑していた。 そんな彼の目を覚まさせたのは、もう1ヵ月も寝たきりの年老いたクロだった。自宅の階下で、目当ての酒が見つからずに苛立っていた北村を心配したクロが、最後のメッセージを伝えに来たときのことをこう綴っている。

「自分の目を疑った。あるはずのない光景をそこに見た。階段の中腹に死力をふりしぼって一段、また一段と下りてくるクロの姿があったのだ。(中略)奇跡を目の当たりにして我に返ったボクは直感した。クロは最後の力を燃やし尽くしてボクの酒を止めに来たのだと。止めどなく涙が溢れた。その翌朝、クロはボクの腕の中で息を引き取った。誰が止めても、胃から血を吐いてもやめられなかった酒。あの日以来、ボクの飲酒癖は嘘のように止まった。クロの目が閉じて、代わりにボクの心の目が開いた」。

それから彼は、芸能活動もほどほどにして、何かしらのコンテストに目標を置くことも必要ではないかと考えるようになるのだが、そのことはもう少し後に出てくるので、ひとまず話を戻したい。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧