熊崎佳子選手

コンテスト womens

丸くバキバキの肩と締まったウエスト アウトラインが美しい44歳がコンテストで魅せる

熊崎佳子選手丸くバキバキの肩がつくるアウトラインが美しい熊崎佳子(くまざき・けいこ/44)選手。ハイレベルな戦いであるJBBF SPORTEC CUP2023で6位入賞、JBBF西日本で3位を獲得するなどの成績を残している。

【写真】熊崎佳子選手の全身バックポーズを含む10カット

「トレーニングをしている姿ってかっこいいじゃないですか!最初は見惚れていました。自分もマシンやダンベルを美しくこなしたい!と思いハマりました」

トレーニングの美しさに惚れて筋トレを開始した熊崎選手は、2018年JBBF福岡に初出場。

「トレーニングの成果を試したくて、仕上げた自分を見たくて、限界に挑戦してみたくて、全ての目標として大会出場を思い付きました」

トレーニングは週4~5回で1回2時間程度。脚(大腿四頭筋メイン)、背中と肩、脚(殿部、ハムストリング)、肩と胸、ベンチプレス(競技練習)で分割している。

「トレーニングメニューは固定せず、毎度さまざまな組み合わせやギアを選んでバリエーション豊かにしています。毎回のトレーニングでアイソレーション、パワー種目、コンパウンド、コンセントリック、エキセントリックなど種目毎に意識して組み合わせます。セット方法も固定せず、頻繁に変えてます」

スタジオプログラムが好きな熊崎選手は、トレーニングとは別にZUMBA(ズンバ)なども受けているという。このZUMBAは楽しく動けるため、減量に効果的だと教えてくれた。

「脚に脂肪が全振りするタイプ」と語る熊崎選手は、脚を強化中。元々苦手だった肩は、肩が大きな(得意な)人たちにネガティブで効かせるようにアドバイスをもらい、強化して強みとなった。

家族との食事は減量時には分けている選手も多いが、熊崎選手は減量中の食事も家族と一緒に食べられるメニューを作り、それで問題なく過ごせているという。

「美味しい減量レシピは、いろいろ研究しています。最初の2年ほどは鶏肉の洗礼を受けて食べられなくなりましたが、調理を工夫して少しずつ食べられるようになってきました。 野菜とむね肉を蒸すのが一番好きです」

「トレーニングは心の薬です」と語るほど、トレーニングを愛する熊崎選手の目標は?

「とにかくバルクアップして帰ってきますのでお楽しみに!パワー系種目もチャレンジしてみたいです」

次ページ:熊崎佳子選手の全身バックポーズを含む10カット

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-,