薦田唯斗選手

コンテスト mens

24歳・消防士が丸い肩と絞り込まれた背中を披露しコンテスト優勝 減量中はミスタードーナツをひたすら我慢 

薦田唯斗選手6月1日(土)、新居浜市市民文化センターにて『マッスルゲート四国大会』が開催され、薦田唯斗(せんだ・ゆいと/24)選手が、メンズフィジーク新人の部172cm以下級で優勝、メンズフィジーク一般の部172cm以下級3位に輝いた。

【写真】消防士・薦田唯斗選手のバキバキ背中

バランスの取れた美しいアウトラインと、丸みのある大きな肩で会場を沸かせた、消防士の薦田さんは、ボディコンテストの初ステージで優勝に輝いた。

「地元・新居浜での大会だったので、たくさんの友だちや職場の同僚が応援に来てくれました。皆さんが優勝を喜んでくれて、嬉しかったです。まるでホームのようで、緊張することもなく、全力でステージを楽しむことができました。応援してくださった皆さんに、感謝です!」

薦田さんはが本格的にボディメイクを始めたのは、4年ほど前からだという。

「高校時代はウエイトリフティング部で活動していたので、元々それなりに筋肉はありました。そのころから筋トレが大好きで、大人になった今も続けています。ボディメイクをすると女の子からモテると思い、4年前から本格的に取り組むようになったのです。フィジーク競技にはもともと興味があって、時々、プロの動画を観ていました。知り合いがフィジークの大会に出場した姿をSNSで見て、『自分も出たい!ステージに立ってみたい!』と思ったのがきっかけで、挑戦を決めたのです」

「力仕事の多い消防士の仕事と、筋トレは相性が抜群」と話す、薦田さん。

「トレーニングは週3~4回で、1~2時間、胸、背中、肩&胸、腕&背中の4分割で行っています。自慢の部位は、褒められることの多い肩です。主に、スミスマシンでバックプレス、ダンベルサイドレイズ、ダンベルショルダープレスで大きくしました。サイドレイズは、JBBFの伊吹主税選手のトレーニングを参考にしています。ウエイトリフティング出身ですが、現在は、高重量を求めすぎてはいません。扱うのは、しっかりと効かせられる重さです。消防士の仕事は、体力的にもきついことが多いですが、休みも多くあります。トレーニング時間も確保でき、仕事とトレーニングの両立が可能なのでありがたいです」

肩や腕に血管が浮くまで絞った薦田さんを誘惑していたのは、甘いドーナツだったそうだ。

「減量は2月から始めて、鶏肉、ブロッコリー、ゆでたまご、白米を食べていました。味付けはケチャップです。減量中はとにかく、味の濃いものが食べたくて堪りませんでした。特にミスタードーナツのゴールデンチョコレートが食べたくて、食べたくて。必死で我慢しました。仕事でかなり身体を動かしますが、絞り切るために、大会1カ月前から有酸素を開始。トレッドミルを、傾斜10%・4.5キロの速さで、20分~30分ほど行いました。『良く絞れているね』と声もかけられたので、頑張ってよかったです」

「来年はジャパンカップを目指す」と意気込む、薦田さん。

「初めての大会で優勝できたことは、本当に嬉しかったです。しかし今回は新人の部での優勝だったので、ジャパンカップに行くことができませんでした。次は、必ず一般の部で勝ちます。本当に悔しかったので、来年に向けて頑張ります!」

次ページ:消防士・薦田唯斗選手のバキバキ背中

取材:山口夏織 撮影:北岡一浩

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, mens
-,