足谷友萌さん

コンテスト womens

26歳・スイミングの先生がコンテストデビュー 初々しさを感じさせるキュートな笑顔で語った目標は

足谷友萌さん俳優の金子賢氏がプロデュースし“サマスタ”の愛称で知られる人気ボディコンテスト「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)関東予選」が6月30日(日)、東京・日野市民会館で開催された。モノキニビキニで健康的な美しい身体を競うBEAUTY FITNESS MODELのROOKIE部門(過去に同カテゴリで5位以内入賞経験なし)と、ショート部門(161cm未満)に出場したのは足谷友萌(あしたに・ゆめ/26)さん。他の出場選手よりも小柄で、初々しさを感じさせるルックスとキュートな笑顔は、ついつい応援したくなる存在。サマスタ初出場だったという今大会でも多くの人の目を惹きつけた。

【写真】足谷友萌さんの初々しさを感じさせるルックスで魅せたサイドポーズ

現役インストラクターとしても活躍中の足谷さんが大会出場を決めたのは昨年のこと。せっかく出るなら舞台慣れをしておこうと、職場のジム主催のボディメイクコンテストにも出場した。

「舞台慣れのつもりで出場したのですが、とても楽しかったです。今回の大会もトレーナーさんからはとにかく楽しむことを目標にと言われていたので、その目標がしっかり達成できました」

舞台を降りてもキラキラとした輝く笑顔で話してくれる足谷さんがトレーニングを始めたきっかけは峰不二子のような身体になりたかったから。コンテストといえばダイエットのイメージが強いが、足谷さんは女性らしく美しい身体を作るために挑戦した増量に失敗するという苦い経験もしたそう。

「普段の体重が42kgなのですが、トレーニングを始める前は同じ体重なのに体脂肪率がもっと高くて筋肉がほとんどありませんでした。そのため見た目が今より華奢だったので、1日5食食べて筋肉量を増やす努力をしたのですが、うまくいきませんでした」

インストラクターとしてのレッスンや、子どもたちのスイミングクラスが1日3〜4時間に加えて、コンテスト出場に向けたトレーニングが1〜2時間。

毎日の運動量が多くてなかなか思うように筋肉量が増えなかったという。

「次のコンテストに向けてもう一度増量に挑戦したいと思っています。普段の食事は脂質が多くなりやすいので、そこは注意しながら、とにかくお米からできているものを中心に炭水化物をたくさん摂っていきます」

筋肉量の増加にはタンパク質だけでなく、炭水化物の摂取も重要なポイントになる。

峰不二子ボディの仕上がりが見られる次のステージを楽しみにしたい。

次ページ:足谷友萌さんの初々しさを感じさせるルックスで魅せたサイドポーズ

取材:林健太 撮影:FITNESS LOVE編集部

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-,