大会初出場で四国のレギンス女王に!筋トレを極めた看護師

6月12日(土)に、中国・四国地方で初めての開催となった筋肉コンテストの登竜門『マッスルゲート四国』。マッスルゲートは、筋肉コンテストの登竜門として大会出場経験がなくても気軽に参加できる。また「ウーマンズレギンス」はスポーツブラとレギンス、スポーツシューズは着用して審査が行われる新設カテゴリーだ。「ビキニ」部門では敷居が高く挑戦できなかったというレギンス部門で優勝した山崎美香さんに15の質問をぶつけてみました。

取材_FITNESSLOVE編集部
写真_中島康介

▶マッスルゲート四国6.12 大会結果はこちら

山崎 美香【マッスルゲート四国 158㎝以下 レギンス】

山崎 美香 さん

トレーニングをはじめたきっかけは?

子どもが野球をしていて、筋肉をつけるためにジムに入会したのをきっかけに自分もダイエット目的で入会しました。

ボディコンテスト出場のきっかけは?

筋トレを5年してきて、ビキニは敷居が高く「レギンスで大会があったらいいのになぁ」って思っていたら、マッスルゲートでレギンス部門の大会があると知ったからです。

なぜこの大会(マッスルゲート)に出場した?

選手登録などは不要で気軽に参加できるからです。

学生時代にやっていたスポーツは?

バスケットボール。

現在の職業は?

看護師。

お仕事との両立はどうしてる?

仕事は定時にだいたい終わるので、朝ジムの準備をして、仕事帰りにジムへいっていました。今大会は、糖尿病療養指導士の資格の更新時期が重なってましたが、何とか休日を利用して書類提出できました。

大会出場の際、ご家族の反応は?

特には反応はありませんでしたが、協力はしてくれていました。

普段のトレーニングメニューについて教えてください

週3-4回上半身、下半身に分けてトレーニング。
懸垂、ラットプル、スクワット、デッドリフト、ベンチプレス、ブルガリアンスクワット、ヒップスラストなど。

コンテストに向けてのトレーニングメニューは

ボディメイク中心のトレーニング。
上記メニュー+リアデルトフライ、ショルダープレス、サイドレイズ、ケーブルキックバック、アブダクター、ドンキーキックなど。

トレーニングをしていてつらかったことと
それを乗り越えた方法は?

定期的にパーソナルトレーニングを受けていますが、その度にできないことが受け入れられませんでした。ひたすら教えられたことを繰り返しやることで、できるようになってきてました。

トレーニングをしていて良かったことは?

やればやるほど身体の変化もでてきて、欲が出て、なりたい身体がどんどん変わり、理想の体型に近づいていることです。また、仕事で嫌なことがあってもトレーニングに集中することで忘れることができます。

トレーニングでこだわっていることは?

効かせたい部位に効いているかどうか感じながらトレーニングをすることです。

食事でこだわっていることは?

決められたPFCバランス。特に脂質は控えめにしています。

コンテストに出て良かったことは?

目標があることで、普段以上に食事やトレーニングを頑張ることができて体型も変わったことです。何より大会まで楽しめたこと、そしてボデイメイクの楽しさを知ったことです。

今後の大会での目標は?

マッスルゲートのジャパンカップで優勝すること。来年はビキニフィットネスデビューすることです。


山崎 美香(ヤマサキ ミカ)
マッスルゲート四国 158cm以下 レギンス部門優勝
生年月日:1975年9月30日
身長:157.5cm
ボディコンテストの入賞歴:マッスルゲート四国 158cm以下 レギンス部門
トレーニング以外の趣味:友達と美味しいものを食べにいくこと
好きな食べ物:モンブラン

合わせて読みたい!

ピックアップ記事

関連記事一覧