プロレスラーがメンズフィジーク挑戦で感じたもの

「僕としては優勝狙っていたので、とにかく悔しいです」

試合直後、「今の率直な気持ちは?」という問いかけに、彼は渋い表情を浮かべながらそう答えた。
7月3日(土)、宮城県・仙台国際センターで開催されたマッスルゲート東北大会のメンズフィジークカテゴリーにDDTプロレスリングのメインイベンター、遠藤哲哉選手が出場。結果は176cm超級で4位、新人の部172cm超級で2位。これまでにベストボディ・ジャパン、eマッスルゲートにエントリーしてきた遠藤選手が、リアルイベントのメンズフィジークコンテストに参加したのは、今回が初めてのことだった。

【写真】フォトギャラリー 杜の都に筋肉戦士参上!7.3マッスルゲート東北

メンズフィジーク新人の部172㎝超級 1位後藤哲朗(真ん中)、2位遠藤哲哉(右)、3位小川智寛(左)

「コンディションとしてはこれまでの中で一番良かったと思います。(メンズフィジークに出場したのは)これが初めてだったので、この経験をひとつの糧にしていきたいです」

DDTは6月6日は、さいたまスーパーアリーナでビッグマッチを開催し、その直後の6月10日からはシングルマッチのトーナメントが開幕。28日までリングに上がり、29日からは7月3日に向けてカーボディプリート&ローディング。コンテスト当日には東京に戻って、翌4日の昼に開催のDDT後楽園ホール大会に出場するというハードスケジュールの中での参加となった。

「28日まではそこまで(減量の)厳しさは感じていなかったんですが、火曜日(29日)からディプリートを始めて一気に体力が落ちた感じがあります。移動もあったので、今日は少し疲労が溜まっていたのは感じました。もう少し糖質を入れても良かったかもしれません。調整の中で自分の中で失敗した部分は感じていたので、そこを次に出るときにどのように克服するかかが課題点です」

当初、遠藤選手は5月30日(日)のマッスルゲート東京への出場を考えていたが、試合日程の都合で東北大会に出場するに至っている。コンテストは土曜日、日曜日に開催されることが多く、土日・祝日に試合が組まれることが多いプロレスラーが出場するとなるとスケジュールの調整が困難。しかし、大会を終えたばかりだというのに、その視線は早くも次のコンテストに向けられていた。

「こうやって(身体を客観的に評価して)順位を付けてもらうのはプロレスのリングではないことなので、トレーニングのモチベーションにもつながるので、今回出て良かったと感じます。自分にとってプラスでしかないです。今後も出続けようと思います。早いうちにリベンジしたいです」

近い将来、さらにレベルアップした遠藤選手の姿がマッスルゲートで見られるか。

(取材:藤本かずまさ 撮影:中島康介)

\続けて読みたい/
▶授業の合間にプロテイン!? 四国の高校生ビルダーの1日


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。


 

【マッスルゲート】出場選手インタビュー

ピックアップ記事

関連記事一覧