大会前々日に気絶!?過酷な減量の末に掴んだ優勝!筋肉経営者がコンテストで得たものとは?

6月12日(土)、「マッスルゲート四国」が愛媛県のリーガロイヤルホテル新居浜で行われた。四国地方で初開催となった本大会には150名以上がエントリーし、熱い戦いが繰り広げられた。ボディビルでは63歳差の闘いや、地元愛媛の選手が大活躍などを見せたりと、様々な選手たちが出場していた。そのなかでも、メンズタンクトップ172cm級のチャンピオン水澤洋選手に、15の質問に答えてもらった。

取材:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介

▶【写真】メンズタンクトップ172cm級のチャンピオン水澤洋

水澤洋選手

トレーニングをはじめたきっかけ

トレーニング始めたら二日酔いをしなくなったのでそのまま継続している

ボディコンテストにでたきっかけ

会食を断るため。自分の体と本気で向き合ってみたかった

なぜその団体のコンテストに出場したのか

日程で選びました。2ヶ月予定を入れないで済む日程

学生時代にやっていたスポーツ

野球

現在の職業

会社経営

お仕事との両立

大変でしたがなんとか

ご家族の反応

みんな驚いでいた

普段のトレーニングメニュー

週2回のパーソナル

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

パーソナル週3回にして毎朝晩30分以上の有酸素

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

トレーニングよりとにかく食事の制限がつらかった。大会前々日にブラックアウトして顔から倒れて6針縫った

トレーニングをしていて良かったこと

血の検査が良くなった

トレーニングでこだわっていること

トレーナーに言われたこと以上のことをする

食事でこだわっていること

減量中は体が良く吸収するので、オーガニック野菜、無添加食材を自分で作って食べていた

コンテストに出て良かったこと

自分の体のことがだいぶわかった

今後の大会での目標

タンクトップでなくフィジークで予選突破する

▶【写真】メンズタンクトップ172cm級のチャンピオン水澤洋

大好評!腹筋関連の記事一覧

ピックアップ記事

関連記事一覧