• HOME
  • 記事
  • コンテスト情報 , mens
  • ドウェイン・ジョンソンに憧れてはじめた筋トレで優勝!若きボディビルダーが停滞期を乗り切った方法は「重量を落ちてしまった自分を認めること」

ドウェイン・ジョンソンに憧れてはじめた筋トレで優勝!若きボディビルダーが停滞期を乗り切った方法は「重量を落ちてしまった自分を認めること」

350名以上のエントリーとなった「マッスルゲート関西」が8月22日(日)、兵庫県・神戸芸術センターにて行われた。本大会には、ベテランボディビルダーから新人選手まで、十人十色と選手が並んだ。今回は、ボディビルジュニアにおいて優勝した若き新星、水野勝五選手に15の質問に答えてもらった。

【写真】若き新星、水野勝五選手

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

水野勝五選手

トレーニングをはじめたきっかけ

ドウェイン・ジョンソンに憧れていたから

ボディコンテストにでたきっかけ

ジムの周りの人が出ているのを見て気づいたら減量を始めていた。

なぜマッスルゲートに出場したのか

日本のトップ選手に審査してもらえる経験ができるのはマッスルゲートだけだからです。

学生時代にやっていたスポーツ

サッカー

現在の職業

学生

お仕事との両立

勉強との両立を目指しています

ご家族の反応

増量と減量を常にしている生活に正直引いています。

普段のトレーニングメニュー

週6日4分割でしています。背中、二頭の日。胸、三頭の日。足の日。肩、二頭、三頭の日。腹筋はできるだけ毎日していました。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

基本的に上記のメニューは変えず、できるだけ高重量を持ち、朝に有酸素トレーニングをしていました。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

モチベーションが下がることで重量が落ちてしまったこと。それを乗り越えられたのは、重量を落ちてしまった自分を認めて切り替えてトレーニングを追い込むようにしました。

トレーニングをしていて良かったこと

人それぞれ考え方、分析法など違ってそれを認めることの大切さを学べました。

トレーニングでこだわっていること

ぶちあげ

食事でこだわっていること

味。飽きが来ないように毎日味を変えるようにしていました。また、できる限り同じ時間に食事を摂るようにしていました。

コンテストに出て良かったこと

サポートしてくれていた人、応援してくれた人に結果で返すことができたこと。

今後の大会での目標

ポージングを極めてワンポーズで会場を沸かせれるようなポージングをとりたいです。

マッスルゲート関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧