筋肉と動物の成長を常日頃から管理する男の心得とは

350名以上のエントリーとなった「マッスルゲート関西」が8月22日(日)、兵庫県・神戸芸術センターにて行われた。本大会には、ベテランボディビルダーから新人選手まで、十人十色と選手が並んだ。今回は、クラシックフィジーク新人の部において優勝した、田中敬祐選手にいろいろと答えていただいた。

▶田中敬祐選手の大会写真!

田中敬祐選手

トレーニングをはじめたキッカケ

部活の大会で力負けして悔しかった為

ボディコンテスト出場のキッカケ

今の自分がどれだけ成長したか知る為

マッスルゲートに出場した理由

初めてコンテスト出る人でも出やすいと思った為

学生時代にやっていたスポーツ

柔道、レスリング

現在の職業

営業職

仕事との両立

平日は仕事終わりにトレーニング1〜1時間半程して帰る生活にし、土日はオフにするルーティンができているので安定しています。

周りの反応

彼女は協力的で何かと身の回りのことなどもやってもらっており助かってます。来年は二人でコンテスト出場予定

現在のトレーニングメニュー

肩、胸、背中、脚、の四分割で細かい部位をこの四分割の日にランダムで入れてます。大体は拮抗筋を鍛えれるようにしたり苦手な種目を練習がてら入れたりするようにしてます。
あとは基本コントラクト種目はBIG3を入れるようにしている為、背中の日と脚の日は1番日にちが開くようにしてます。背中の日にデッドリフト 、脚の日にスクワットを入れるので最大出力を出せるようにする為。

シーズン中のトレーニングメニュー

上記のメニューを変わらずするようにしてます、減量中は極力筋力が落ちないように重量設定はオフの時と同じか近い重さにするように心がけていました。

トレーニングをしていて辛かったことと、それを乗り越えた方法

トレーニングをしていて辛かったことはありません。楽しくできない日はそのまま帰ってオフにするようにしていました。
トレーニングも食事も辛いと思う前に休んだり少し好きなものを食べたりしてストレスがかからないようにしてました。

トレーニングをしていて良かったこと

同じ趣味の方々と知り合えて情報共有などできることがとても良かったことです。

トレーニングへのこだわり

楽しむ、楽しくないと思った日はその瞬間にやめるようにしてます。

食事へのこだわり

たくさん食べるのが苦手なのでオフの時はとにかく量を食べることを意識してます。

大会に出場して良かったこと

応援してくれた人にメダルを持って帰れたこと

今後の目標

全国大会で入賞、クラシックフィジーク特有の美しさを一人でも多くの方に伝えることが今の目標です。

次ページ:田中敬祐選手の大会写真

マッスルゲート特集

ピックアップ記事

関連記事一覧