幼少の頃に憧れた亡き父に少しでも近づくため“強さ”を追及!全身限界突破のトレーニングで優勝

新興ボディコンテスト『Super Body Contest(SBC)LAGUNA TEN BOSCH』が8月15日(日)、愛知県・ラグーナテンボスで開催され、男女のエントリー選手が2つのカテゴリー、全10クラスに分かれて競い合った。SBC MEN’S EPIC (男子・18歳~29歳)で優勝したのは、藤井大輝選手。亡き父の影響で幼少から強さへの憧れを持ち続け、自らの肉体をストイックに限界まで追い込んできた。母親を幸福にすることを最大のモチベーションにして、目標をブレずに突き進んだ成果が実った大会となった。学生時代にラグビーで心身を鍛えたことも、挫けずに継続をすることにつながっているのかもしれない。14の質問を投げかけて、彼が優勝することができた原点や原動力を紐解いてみよう。

【写真】バキバキ腹筋の藤井大輝選手

取材:FITNESS LOVE編集部 写真提供:Super Body Contest事務局

藤井大輝選手

トレーニングをはじめたきっかけは?

10歳の頃に亡くなったお父さんのように強くなって、母親を幸せにしてあげたかったからです。

ボディコンテストに出場するきっかけは?

「一緒に参加しよう」と友人に誘われたからです。

SBCの大会に出場を決めた理由は?

フリーポーズや規定ポーズも自由度が高く、より自分を表現出来そうだったため。

学生時代にやっていたスポーツ

ラグビー

現在のご職業

パーソナルジム経営

お仕事との両立について

体作り=仕事

大会に出場された際のご家族の反応は?

母親は毎年幸せそうにしてくれてます。

普段のトレーニングメニューを教えてください

全身限界突破

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

全身限界突破

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

辛いことを辛いと思わないことです。

トレーニングをしていて良かったこと

母親もトレーニングを始めるようになり、周りの人たちに少しでも刺激を与えられていることです。

トレーニングでこだわっていること

誰よりもカッコよくいたいです。

食事でこだわっていること

バランス良く食べることです。

コンテストに出て良かったこと

自分自身への自信です。

今後の大会での目標

日本一‼️

【写真】バキバキ腹筋の藤井大輝選手

2021【SBC】選手インタビュー

ピックアップ記事

関連記事一覧