ウエイトトレーニングは1回30分!?短時間の筋トレで劇的デカ筋肉ボディを作った40歳

8月22日(日)、神戸・芸術劇場で行われた『マッスルゲート関西』は、350名もの選手が集まり、ベテランボディビル選手から新人フィットネス選手など、さまざまな年代の選手が出場した。今回は、40歳の節目に一念発起し、1回30分のトレーニングで鍛錬を積み、ボディビルとクラシックフィジークで優勝・和所健選手に、いろいろな質問に答えていただいた!

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

▶ダブル優勝を果たした“デカい!”和所健選手の大会写真!

ボディビル75㎏超級&クラシックフィジーク175㎝以下級優勝・和所健選手

トレーニングをはじめたきっかけ

幼少期、病気で運動を制限されていたため、成人になって自分のペースでできるのではじめました。

ボディコンテストにでたきっかけ

40歳を節目に一念発起

なぜマッスルゲートに出場したのか

普段ゴールドジムでトレーニングさせていただいていて、告知をみたので。

学生時代にやっていたスポーツ

柔道

現在の職業

自営業

お仕事との両立

ゴールドジムが24時間営業してくださっているので、朝トレーニング→仕事→仕事終わりにトレーニングでバランスがとれました。

ご家族の反応

自分以上に喜んでくれていました。

普段のトレーニングメニュー

基本毎日トレーニング、疲れたらオフ。一回30分以内で終わらせる

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

上記の30分トレーニングを朝晩2回。胸、背中、脚、腕肩、を順番にまわしていく。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

基本トレーニングが大好きなので辛かったことはないです。

トレーニングをしていて良かったこと

自己鍛錬によって精神的にブレない自分作りができたこと

トレーニングでこだわっていること

1セットに向き合って、1セットで出し切るトレーニング

食事でこだわっていること

ブロッコリーを毎日食べる

コンテストに出て良かったこと

目標に向かってがんばることで、自分の限界を超えれること

今後の大会での目標

前回の自分を超える

次ページ:ダブル優勝を果たした和所健選手の大会写真!

マッスルゲート特集

ピックアップ記事

関連記事一覧