極限まで追い込んだ筋肉を見て、子供たちから優しくされるようになった屈強なお父さん

新興ボディコンテスト『Super Body Contest(SBC)LAGUNA TEN BOSCH』が8月15日(日)、愛知県・ラグーナテンボスで開催され、男女のエントリー選手が2つのカテゴリー、全10クラスに分かれて競い合った。SBC MEN’S KING(男子・50歳~無制限)で優勝した、崔勝利選手。子供たちがSNSで父親の活躍を見つけて以来、態度が変わったことを笑って振り返る彼は、これまでトレーニングをつらいと思ったことがないと言う。肉体を極限まで追い込むことができるのは、トレーニングを愛しているからなのだろう。師の背中を追いかけてコンテストの舞台へ挑戦する崔選手は、生活の張りを実感している。大会で結果を出すことができるのは、「好きこそものの上手なれ」ではないが、天職なのかもしれない。

【写真】崔勝利選手のバキバキボディ

取材:FITNESS LOVE編集部 写真提供:Super Body Contest事務局

崔勝利選手

トレーニングをはじめたきっかけは?

若い頃、ビーチで遊んでる時に筋肉隆々のカッコ良い男性を見て、近づきたいと思う一心からです。

ボディコンテストに出場するきっかけは?

僕が師と仰ぐ、フィットネス業界を引っ張って来た、堂野耕一さんという方と、同じステージに立ちたかったので。

SBCの大会に出場を決めた理由は?

もともと競技仲間であった村松良一会長が運営されているので、選手目線で大会を進行して貰えると思ったので出場を決めました。

学生時代にやっていたスポーツ

陸上競技

現在のご職業

不動産業と運動能力を上げる指導です。

お仕事との両立について

両立とか、考えたことはありません。どちらもやらなければ駄目なものなので、何の問題もないです。

大会に出場された際のご家族の反応は?

子供たちの友達がSNSで僕を見つけてくれて、それが耳に入るようになってからは、子供たちは優しくなりました。

普段のトレーニングメニューを教えてください

基本BIG 3を週2、3回、部位別に週2、3回やります。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

基本、同じことをやります。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

つらいと思ったことは、ほぼ無いですね。強いて言えば、ケガした後のトレーニングが大変なことくらいですね。

トレーニングをしていて良かったこと

健康的に今の生活が送れていることです。

トレーニングでこだわっていること

重量にあまり拘らずに、丁寧にやることです。

食事でこだわっていること

少量の白米を1日、2、3回食べることです。

コンテストに出て良かったこと

日々の生活に張り合いが出ることです。

今後の大会での目標

出場する大会は、1位を目指したいですね。

【写真】崔勝利選手のバキバキボディ

筋トレで大変身!ビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧