クールビューティーな二冠の女王は筋トレ歴3年の公務員だった!【マッスル】

画像をタップorクリック

ボディビルの頂上決戦として日本ボディビル・女子フィジーク選手権、フィットネスNo.1を決めるグランドチャンピオンシップスの2大会が、国内におけるナチュラル最高峰の身体を決める大会だ。そこにもう一つ…。初心者の大会登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各大会優勝者が集結する、11月27日(土)、28日(日)に新宿住友ビル三角広場にて開催となった『ゴールドジムジャパンカップ』も、大いに話題と選手を集めた。今回ここで紹介するのは、そのジャパンカップにおいて各カテゴリーとクラスにおいて優勝した、まさに‟日本チャンピオン”たちの素顔と、今大会に出るまでの苦悩や努力だ。本記事で紹介するのは、職業は公務員、トレーニング歴3年で二冠の女王となった小池敦子選手をご紹介します。

【写真】ジャパンカップ二冠の女王、小池敦子選手の引き締まった美ボディ

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

ボディフィットネス163㎝超級&40歳以上の部 優勝・小池敦子選手

優勝の感想

今年最後の集大成として挑戦した大会で優勝できてとても嬉しいです。

ジャパンカップに出場した理由

マッスルゲート名古屋大会で改善点が見つかり、もう一度チャレンジしてみたいと思いました。

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

あと一絞りがなかなか思うようにいかず、辛かった。

競技をすることで得られた変化

辛い時にも続けて、変化する喜びを感じて、よりポジティブになれた。

普段の仕事と行っている競技の両立について

毎日の練習があることで、仕事も集中してできていると思う。

トレーニング、食事に対するこだわり

食事はなるべく食品から必要な成分を摂るようにしている。

今後の目標

憧れの選手に少しでも近づけるように地道にトレーニングを続ける中で、人としても成長したい。

次ページ:ジャパンカップ二冠の女王、小池敦子選手の引き締まった美ボディ

ゴールドジムジャパンカップ》関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧