体重74kg以下級でベンチプレス190kgの男はホームジムトレーニー!?

ベンチプレス182.5kgに成功した三木選手の試技 ※タップして写真をみる

11 月27 日(土)、28 日(日)新宿三角広場西WEST エリアにてマッスルゲートパワーコンテストが開催された。非公式大会ではあるが、自己ベスト更新の場として初心者からベテランまで幅広く参加。ここではベンチプレスチャレンジ男子80kg以下級で優勝した三木聖也選手に7つの質問をした。

三木聖也選手

男子80kg以下級 優勝 記録:ベンチプレス182.5kg

優勝の感想

自己ベストには及びませんでしたが、優勝出来たことは嬉しく思います。

パワーコンテストに出場した理由

今大会は自己ベスト更新と強い方々が集まる大会で優勝したいと思い参加させて頂きました。

パワーコンテストまでの道のりには、どんなことがあったか

ホームジムでトレーニングして居るのでコロナの影響はないのですが、大会自体が無観客で寂しい大会が多かったですね。

競技をすることで得られた変化
競技は2年前から選手として出場しており、デビューから4ヶ月目で日本1位と日本記録樹立を経験した事が僕にとっては様々な分野でも自信と余裕が生まれました。
普段の仕事と行っている競技の両立について

普段はパーソナルトレーナーとスポーツクラブを掛け持ちで働いているのですが、どちらも好きな分野で働かせて頂いているので競技への弊害は無いです。

練習、食事に対するこだわり

練習は毎日行い睡眠時間は基本2時間~3時間で行っています。栄養に関しても白飯を5合以上、タンパク質を多めに脂質少なめに摂取しています。

今後の目標(例:大会、身体、社会人としてなど)

今後も各地の大会に参加し、優勝を狙っていこうと思います。公式試合では74kg以下級の日本記録更新を目指します。

次ページ:三木選手のベンチプレス182.5kg

IFBB世界選手権関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧