55歳にしてこの美ボディ!ベテラン選手が作り上げる美しい肉体美【マッスル】

※弥陀ミチル選手の写真を見る

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。今回ご紹介するのは、ボディフィットネス50歳以上の部で優勝した弥陀ミチル選手。今年はSPORTEC CUPや、オールジャパンミスボディフィットネス選手権などでも優勝を収め、勢いにのる弥陀選手の華麗な美ボディをどうぞご覧ください。

【写真あり】55歳にしてこの美ボディ!弥陀ミチル選手のバックポーズ含む写真4枚

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

ボディフィットネス55歳以上の部優勝 弥陀ミチル選手

優勝の感想

とても嬉しいですが、ほっとした気持ちの方が大きいです。

ジャパンカップに出場した理由

マッスルゲート、ジャパンカップはホスピタリティー溢れる大会で、なによりも出場した選手が楽しそうだったから。

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

弥陀ミチル選手(中央)

長い減量期間で、何度も誘惑に負けたり、停滞期が続いて心が折れそうになった。身体は食べ物でできているということを、あらためて実感した。

競技をすることで得られた変化

身体の機能改善。

普段の仕事と行っている競技の両立について

毎日の仕事と家事と競技の両立には家族の理解と協力が不可欠。普段はなかなか言えないが、家族には感謝している。

トレーニング、食事に対するこだわり

「姿勢と呼吸とコア」の使い方でトレーニングの質が向上するので、そこをより追求していきたい。食事は、血液型ダイエットでよくないと言われる食べ物は避けている。

今後の目標

ケガをしないように、コツコツとトレーニングは続けていきたい。
ゴールドジムジャパンカップ》関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧