45kgの美ボディ女子がデッドリフト130kgを引き切った!モットーは「やると決めたら最後までやり抜く」

タップして写真をみる

11 月27 日(土)、28 日(日)新宿三角広場西WEST エリアにてマッスルゲートパワーコンテストが開催された。非公式大会ではあるが、自己ベスト更新の場として初心者からベテランまで幅広く参加。ここではデッドリフトコンペティション女子50kg以下級で優勝した林美沙選手に7つの質問をした。元々ボディメイクをメインに筋トレをしている林選手がデッドリフトにはまったきっかけは?

林美沙選手

女子50kg以下級 優勝 記録:デッドリフト130kg

優勝の感想

パワーリフティング歴2ヶ月で優勝することができ、本当に嬉しいです!前の週に神奈川県パワーリフティング大会に初出場し、自己ベストを125kgに更新したばかりだったので、1度も触ったことのない130kgに挑戦することは勇気が入りましたが、成功させられて良かったです!

パワーコンテストに出場した理由

元々ボディメイクメインでトレーニングをしていましたが、デッドリフトを練習してみたところ重量がどんどん伸びて楽しかったからです。

パワーコンテストまでの道のりには、どんなことがあったか

パワーリフティングは毎回フリーウェイトで重い重量を扱うので、体の疲労が想像以上でした。また前回の練習で自分が挙げた重量を挙げられなかった時に気持ちが沈むこともありました。それでもメンタルを維持させながら練習を続けることが大変でした。

競技をすることで得られた変化
プレッシャーがかかる場面でも最大限の力を出して自己ベストを更新できるメンタルが身に付きました。また、気持ちが沈んでる時でもトレーニングをすることで、気持ちをリセットすることが出来る様になりました。
普段の仕事と行っている競技の両立について

仕事で疲れていても、優勝するために、大会で悔いを残さないために、週5日でトレーニングを行いました。

練習、食事に対するこだわり

「やると決めたら最後までやり抜く」というモットーがあるので、勝つために練習はサボらず取り組みました。

今後の目標(例:大会、身体、社会人としてなど)

3月に行われるジャパンクラシックパワー47kg級で優勝することです!優勝するためにこれからも重量を伸ばし続けていきます!

次ページでは林選手のデッドリフトの写真公開

ゴールドジムJAPAN CUP関連の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧