幼いころからアーノルドに憧れた現ファイヤーファイターが日本のシュワルツェネッガーへと大変身【筋肉】

11月7日(日)、北の大地・北海道は札幌の共済ホールにて『マッスルゲート札幌大会』が行われた。本大会は昨年と同じ会場で催されたが、エントリー数は昨年の2倍となり、出場した選手も今年の各マッスルゲートの中では1、2を争うハイレベルな闘いを展開し、11月27日(土)~28日(日)に行われる『ゴールドジムJAPAN CUP』へエントリーする選手も多数おり、その前哨戦としては非常に見応えのあるものだった。今回は、大会中最重量級のボディビルダーにして消防職員という、日本のアーノルド・シュワルツェネッガーに相応しい選手に話を聞くことができた。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

まさにアーノルド! 石井 圭選手

▶日本のアーノルドとはいったい!?すさまじくデカい筋肉を持った男の筋肉美がこちら【写真】

マッスルゲート札幌ボディビル75㎏超級優勝・石井 圭選手

トレーニングをはじめたきっかけ

小さい頃からアーノルド・シュワルツェネッガーの筋肉に憧れがありました。消防という職業も身体を鍛える必要があり鍛えているうちに小さい頃の憧れの肉体を目指そうと思いました。後は単純に筋トレが好きというのもあります。

マッスルゲートにでたきっかけ

以前から漠然といつかは大会に出てみたいと思っていました。今年、仕事で身体を絞る必要が出たのでダイエットしていたら、そこそこ良い身体になってきたと思い、出てみる事にしました。
また、実績のあるボディビルダーの方達は、「良い身体になったら出よう」ではなく、出たいなら出る。その方が身体作りには有益だという趣旨のことを仰っており、その言葉も後押ししてくれました。

学生時代にやっていた部活・サークル

小学校から高校まで野球をしていました。その頃からベンチプレス等は好きでやっていました。

現在の職業

消防職員

仕事との両立

鍛える事も仕事であり、職場もトレーニングに対する理解があるので両立は難しくありませんでした。

家族の反応

大会の出場の有無に関わらず結婚当初からトレーニングはしていたので、家族(妻)は応援してくれました。

普段のトレーニングメニュー

週6〜7でトレーニングしています。分割法で一種目ずつ分けてみたり、三分割【(胸、僧帽)、(肩、広背)、(脚、腕)】、四分割(三分割の脚と腕を分ける)だったり試行錯誤しながらやっています。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

普段のトレーニングに加えて、週4〜5で朝食前にサーキットトレーニング【ジャンピングジャック、ジャンピングランジ、懸垂、パーピージャンプ、ジャンピングプッシュアップ、ジャンピングスクワット、それぞれの種目間に坂道ダッシュを2セット】昼食か夜ご飯の後に20分のウォーキング(15%傾斜)をしてました。

石井 圭選手

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

朝のサーキットが中々辛かったです。乗り越えた方法は、、、根性です。

トレーニングをしていて良かったこと

良いトレーニングができた時は、とても清々しいこと。トレーニングというよりダイエットは食事の美味しさを再確認できる事。

トレーニングでこだわっていること

基本に忠実にストレッチと収縮を最大限利かせて、コントロールできる荷重で行う。

食事でこだわっていること

ダイエット中は摂取カロリーを減らし過ぎない様に注意しました。

コンテストに出て良かったこと

自分の弱点を再確認できた事と目標を持ってトレーニングに励めば、想像きていたより頑張れた事。

今後の大会での目標

今回の自分より成長して出場したい。

オススメ記事はこちら

ピックアップ記事

関連記事一覧