筋肉美で2冠獲得!家族の反対を押し切り雪辱を果たす

ボディコンテストの登竜門・マッスルゲートの2021大会も、12月5日(日)に行われた『マッスルゲートFINAL』をもって幕を閉じた。年内最後ながらも、出場者は290名の大きな大会となり、熱いステージを展開させた。ウーマンズレギンスでは、35歳以下の部と163㎝超級の2クラスで原澤まり選手が優勝した。弱いメンタル面を強くしたいとトレーニングを始めた原澤選手。つらいトレーニングで挫折しそうになりながらもマッスルゲートファイナルに挑んだ。

取材:FITNESS LOVE記事 撮影:中島康介

バックポーズを含むコンテスト写真

ウーマンズレギンス35歳以下級&163㎝超級 優勝【写真】

マッスルゲート2021ファイナル
ウーマンズレギンス35歳以下の部&163㎝超級 優勝
原澤まり選手

トレーニングをはじめたきっかけ

メンタルが弱いのでキックボクシングを習い始めて、肉体的にも精神的にも強くなりたいと思いトレーニングを始めました。

マッスルゲートに出場したきっかけ

10月中旬にベストボディジャパンに出場し、減量も終えていて体重が戻ってきはじめたときに同じジムの方に勧められたため。

学生時代にやっていた部活・サークル

陸上部、短距離

現在の職業

家業手伝い

お仕事との両立

父の会社なのでトレーニング時間は自由に使えたので良かったです。

ご家族の反応

私が大会に出るのは反対してると思います。協力的ではなかったので、ベストボディジャパンで悔しい思いをしていても心ない言葉をかけてくるだけでした。

トレーニングメニュー

4分割(脚・背中・胸・肩)腕はたまに。コンテストに向けてのトレーニングメニューも4分割。週1回、パーソナルで追い込んでもらっています。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

メンタルが弱いのですぐに自信をなくします。トレーナーでボディビルダーの宮野成夫さんにいつも励ましてもらっています(笑)。

トレーニングをしていてよかったこと

スタジオレッスンのおばさま達に、めちゃくちゃ声をかけられるようになり、お褒めの言葉をいただきうれしいです! ジム友も増えました!

トレーニングでこだわっていること

やる気が出ないときは、ジムに行くだけ偉いと思ってやっています。あと、ジムウェアはなるべく派手に!

食事でこだわっていること

朝と昼は炭水化物を多めに摂ること。

コンテストに出て良かったこと

大会で私を観た方に「素敵でした」とインスタでメッセージをもらったこと。

今後の大会での目標

私の活躍を見て、誰かに刺激を与えられるような選手になりたいです!

次ページ:ウーマンズレギンス35歳以下の部&163㎝超級 優勝【写真】

ピックアップ記事

関連記事一覧