プロレスラーが、なんとマイナス50㎏ものダイエットに成功して筋肉大会で優勝

11月7日(日)、北の大地・北海道は札幌の共済ホールにて『マッスルゲート札幌大会』が行われた。本大会は昨年と同じ会場で催されたが、エントリー数は昨年の2倍となり、出場した選手も今年の各マッスルゲートの中では1、2を争うハイレベルな闘いを展開し、11月27日(土)~28日(日)に行われる『ゴールドジムJAPAN CUP』へエントリーする選手も多数おり、その前哨戦としては非常に見応えのあるものだった。今回は、120㎏からなんと50㎏ものダイエットに成功したアマチュアプロレスラーに話を聞くことができた。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

50㎏のダイエットに成功した小野寺選手

▶ダイエットを大成功させたその姿とは!?【写真】

マッスルゲート札幌メンズタンクトップ172㎝超級優勝・小野寺拓磨選手

トレーニングを始めたきっかけ

趣味でやっているアマチュアプロレスの活動がコロナの影響でできなくなり、一人でできる趣味を探して始めました

マッスルゲートにでたきっかけ

アマチュアプロレスの先輩がコンテストに出ていて誘われて参加しました

学生時代にやっていた部活・サークル

特になし

ご家族の反応

大会にも来てくれて応援してくれています

普段のトレーニングメニュー・コンテストに向けてのトレーニングメニュー

自重とダンベルのみでできる種目

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

身長の影響でフォームを自分で改良していかないといけないこと。それを解剖学の勉強などをしてカバーしている

メンズタンクトップ172㎝超級優勝・小野寺拓磨選手

トレーニングをしていて良かったこと

120kgから約50kgダイエット出来たという成功体験が増えた

トレーニングでこだわっていること

怪我しない

食事でこだわっていること

粗食

コンテストに出て良かったこと

自信がついたこと、もっと鍛えたいと目標ができたこと

今後の大会での目標

他に人数がいる中で優勝したい

次ページ:ダイエットを大成功させた小野寺選手の姿とは!?【写真】

すごい話満載!マッスルゲート特集

ピックアップ記事

関連記事一覧