「トレーニングは1時間以内」マッチョな学校の先生の筋トレのこだわり

安藤広大選手

安藤広大選手のバキバキに割れた腹筋

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ここではメンズフィジーク176cm以下級8位となった安藤広大選手にトレーニングのこだわりや食事法などを聞いた。

【写真】安藤広大選手のバキバキに割れた腹筋

安藤広大選手

ーートレーニングをはじめたきっかけから教えてください。
「モテたいからです」

ーーそれはシンプルな理由ですね。なぜ全国大会のゴールドジムJAPAN CUPに挑戦したのですか?
「全国規模の大会であったことと東京に住んでいるため家から近かったのもあります」

ーー普段のトレーニングメニューを教えてください。
「胸、肩、3頭/背中、肩、2頭の2分割です」

ーートレーニングのこだわりは何かありますか
「1時間以内に全て終わらせることです」

ーートレーニングをしていて辛かったことを教えてください。
「減量期は辛いですが、お酒を飲んでリフレッシュしてます」

ーーでは逆にトレーニングをしていて良かったことは?
「体がみるみる変わることです」

ーー食事面はいかがでしょうか。
「夜卵を食べるようにしています」

ーー最後に大会に出場してよかったことを教えてください。
「日本のデカイ人達と並べることです。まだ次に出場する大会は決めていません」

(取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介)

【写真】安藤広大選手のバキバキに割れた腹筋

仰天ビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧