激太りから筋トレで20kg減に成功したゴールドジムジャパンカップに初出場!

三原優希選手

クラシックフィジーク

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。ストレスで激太りしていた時期に海でカッコイイ身体の男性を見たのをきっかけに、ダイエットを決意し筋トレを始めたという三原優希選手が同大会クラシックフィジークに出場した。三原選手のトレーニング方法や大会でのカッコイイ身体を紹介する。さらに、激太りしていた「ビフォー時代」の写真も公開。

【写真】コンテストで筋肉を披露

三原優希選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「激太りの時に海に行き、ボディビルダーを見てかっこいいなと思い、このままじゃダメだと思ったのでトレーニングを始めました」

三原選手の衝撃のは激太り時の写真はこちら!

――そこから大会出場を目指すように?
「(地元の)山形は、フィットネスの普及がまだまだで、その普及のきっかけと山形の田舎でも日本で戦えるということを証明したくて出場しました」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?
「背中&二頭、胸&三頭、脚&腹筋、肩 のローテーションです。トレーニングを記録し、前のトレーニングより少しでも強度を上げるように意識しています。1種目以外なるべく同じ種目を行わないようにしています。ゴールドジムJAPAN CUPに向けてのメニューも、自分は背中が弱いと感じたので、背中の動かし方やケアを意識して行いました。常に全力でトレーニングをできるように環境やトレーニングルーティンを見直し、努めましたね」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「ジムまでの移動距離が約1時間かかり、本来であればもっと時間を効率的に使えるのにそれができませんでした。その間、子ども達との時間をあまり取れなかったことが辛かったです。なので、なるべくトレ以外の時は、子ども達と真剣に向き合い、遊びに徹しました。そして、大会が終わった後は、家族の時間をしっかり取るようにしました」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「自信がついたことや身体に対するコンプレックスがなくなったこと、そしてなにより気持ちが前向きになり、問題に対して立ち向かおうとする姿勢になりました」

――普段から食事なども工夫していますか?
「より精製されていないものを美味しく食べて、過度にカロリーを減らしすぎないようにしています」

――大会に出場して得られたものはありますか?
「たくさんの良き仲間に出会えました」

――最後に2022年の大会目標を教えてください。
「JBBFジャパンオープン クラシックフィジークで入賞することです」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:コンテストで筋肉を披露

ピックアップ記事

関連記事一覧