筋トレは「“苦”など思ったことはないです」ハイレベルなメンズフィジークで闘ったパーソナルトレーナー

澤口 聖選手

カッコイイ筋肉を披露

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、2021年11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり開催された。職業はパーソナルトレーナーの澤口聖選手がメンズフィジークに出場。出場者数の多いメンズフィジークではよりハイレベルな闘いが繰り広げられた。澤口選手が出場したのは、12人が出場した176㎝超級。ステージではかっこいい筋肉を披露し、決勝に進出したものの6位という結果に。澤口選手に大会後に、質問に答えてもらった。

【写真】カッコイイ身体を披露

澤口 聖選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「フィットネスに貢献するために始めました」

――そこから大会出場を目指すように?
「トップ選手が審査員であり、自分がどこまで通用するのか確かめようと思いました」

――トレーニングのメニューはどのように行っていますか?
「高重量と中重量の日で分けています。ゴールドジムジジャパンカップに向けてのメニューは中重量でROMをいっぱいに使うようにしました」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「1レップ1レップ乗り越えることで身体が変わるので、“苦”など思ったことはないです」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「自分の身体が変わっていると感じるときです」

――普段から食事なども工夫していますか?
「筋肉量を落とさないように食事のタイミングを意識しています」

――大会に出場して得られたものはありますか?
「新しい仲間と出会えました」

――最後に2022年の大会目標を教えてください。
「順位を上げることです」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:カッコイイ身体を披露

ピックアップ記事

関連記事一覧