「背中が得意部位になりました」2019年ボディフィットネス女王の2年間の強化ポイント

2021年オールジャパン選手権の展望企画として、2019年の優勝者24人全員を取材。日本最高峰の大会を目前に控え、トップ選手たちは2年間どのような取り組みをしたのだろうか。コロナ禍の影響、強化した部位やトレーニング法、そして注目している選手について聞いた。野沢知代選手が試合前に語った強化ポイントとその方法とは?(IRONMAN2021年9月号より修正引用)

取材:IM編集部 大会写真:中島康介

【写真】野沢知代選手の2021年オールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美5枚

野沢知代選手

去年1度目の緊急事態宣言のとき、ジムでのトレーニングができなくなりました。その間は、家で軽いダンベル(5kgなど)を使って高回数のトレーニングをしたり、公園に行きゴムチューブのトレーニングや懸垂なども行っていました。自重トレーニングでも意外とキツいんだという新たな発見があり、できることをやろうという気持ちでいました。ジムでのトレーニングを再開直後は、息が上がりやすかったり心肺機能低下を感じましたが、2ヵ月くらいで調子を取り戻せました。

この2年間で最も伸びたのは背中です。5年前からチンニングがしっかりできるようになり、トレーニングの反応が良くなって、背中が得意部位になりました。広がりがほしいと思っていたので、広背筋下部の発達に特に注力しました。とにかく扱う重量にこだわり、ワンハンドの広背筋狙いの種目を意識して行いました。動作を開始する前に使う部位を触り、意識してから行うと効きが良いので、そのような方法も取り入れていました。

課題部位として、肩を大きくしたいと思っています。最近は、プレス系の種目、レイズ系の種目の扱う重量が伸びてきました。ですがフロントが弱いので、そこをしっかりと鍛えていきたいので、フロントショルダープレスやフロントレイズをやり込みたいと思います。

オールジャパンまでの間、1日1日やれることをしっかり行い、「悔いなくステージに立つこと」を目標にしています。

次ページ:野沢知代選手の2021年オールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美

2年間の強化ポイント

ピックアップ記事

関連記事一覧