「ジムに行けないことをバツとせずそんな自分を受け入れマルとしていく思考」吉嗣奈津希の2年間の強化ポイント

吉嗣奈津希選手

吉嗣奈津希選手

2021年オールジャパン選手権の展望企画として、2019年の優勝者24人全員を取材。日本最高峰の大会を目前に控え、トップ選手たちは2年間どのような取り組みをしたのだろうか。コロナ禍の影響、強化した部位やトレーニング法、そして注目している選手について聞いた。(IRONMAN2021年9月号より修正引用)

取材:IM編集部 大会写真:中島康介

【写真】吉嗣奈津希選手の2021年オールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美5枚

吉嗣奈津希選手

私は、コロナの影響をかなり受け、トレーニングできる環境がなくなってしまい、その間は自宅での自重トレーニングなどでしのぎましたが、気持ちが上がらず、トレーニング頻度がかなり落ちてしまいました。今も以前の頻度には戻れていませんが、身体を休めるということを優先できるようにはなりました。ジムに行けないことをバツとせず、そんな自分を受け入れマルとしていく思考のチェンジがメンタルを支えることができたひとつです。

私の2年間で強化できた部位はお尻です。以前はお尻とハムストリングのトレーニングの反応の悪さに悩まされていました。どういうトレーニングが一番効きが良いのか、どういう順番で進めるのが良いのか、筋反応を触って確認したり、自分の脳と相談しながら進めてきました。ゆっくり抜けないように動く。これが一番効きを確認でき、今のお尻のトレーニングの質向上に役立ちました。

また、これからの課題は大腿四頭筋です。改めて自分の身体を確認したときに、上半身と下半身のバランスの悪さを感じ、ルーティンの中に、前腿の日を入れるようしました。

膝に問題もあり限界もありますが、股関節の伸展を意識したトレーニングの仕方で現在も試行錯誤中です。

今年の目標は、グランドチャンピオンシップスへの出場権を得る。2019年よりも下肢のカットを出し、上肢とのバランスを良くする。全体的に2019年よりもしっかり絞ることです。

次ページ:吉嗣奈津希選手の2021年オールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美

ダイエットビフォーアフター

ピックアップ記事

関連記事一覧