引退せず挑戦を続ける55歳以上級元女王がコロナ禍で強化したこととは?「やっぱり私はトレーニングが好き」

2021年オールジャパン選手権の展望企画として、2019年の優勝者24人全員を取材。日本最高峰の大会を目前に控え、トップ選手たちは2年間どのような取り組みをしたのだろうか。コロナ禍の影響、強化した部位やトレーニング法、そして注目している選手について聞いた。打海淳子選手が試合前に語った強化ポイントとその方法とは?(IRONMAN2021年9月号より修正引用)

取材:IM編集部 大会写真:中島康介

【写真】打海淳子選手の2021年オールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美5枚

打海淳子選手

コロナ禍と、他のことも重なり、引退を考えていた時期がありました。いろいろなことを理由付けに楽な方へと逃げていました。どんな境遇でもそのときできることを精一杯する !ということが当たり前と気づくまで遠回りしていました。やっぱり私はトレーニングが好きなんです。

2年間で成長を感じられたのは背中と胸です。 特別何かをした訳ではなく、基本のトレーニングにおいて効かせたい筋肉を意識して使う感覚がようやく掴めてきたのだと思います。特に背中に関しましてはトレーニングの精度が上がったと思います。がむしゃらに引くだけから、効かせるトレーニングができるようになりました。そして毎年課題の脚ですが、今年はスクワットをやり込みました。まだまだ太くなっていませんが、多少良くなってきたのではと思います。

これからは、特に脚と肩に力を入れていきたいです。脚に関してはこれまで通りスクワットを中心に基本のトレーニングをしっかりやっていきます。

肩は今も試行錯誤の状態です。フロントポーズで横に張り出した丸みのある肩を目指し、前、横、後……。地道にコツコツ頑張っているところです。

これまでステージでは「自分を信じて楽しむ」をモットーにしてきました。また、今年からLウォークも変更になりましたので、よりステージングが求められます。緊張状態でもきっちりステージングができるよう、まだまだ練習が必要です。前回より成長した姿をお見せできたらと願っています。

次ページ:打海淳子選手の2021年オールジャパンで披露したバックポーズを含む筋肉美

2年間の強化ポイント

ピックアップ記事

関連記事一覧