ビキニモデル大阪チャンピオンが美腹筋を披露!「これからも腹筋の割れたカッコいいママでいたい」

宇賀神 明選手「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)大阪予選」が7月3日(日)、大阪府・メイシアターで開催された。バランスの取れたスタイルが審査される「BIKINI MODEL(ビキニモデル)」部門で、今大会総合優勝を掴み取ったのは宇賀神明選手(31)。「これからも腹筋の割れた、カッコいいママでいたいです」と、鍛え上げた美ボディを披露した。

【写真】ビキニモデル総合チャンピオン宇賀神明選手の美腹筋

――優勝おめでとうございます!周囲の反応はいかがでしたか?
「一番身近で応援してくれていた家族はとても喜んでくれました!それと、近所のスーパーや薬局、歯医者さんなどには、普段から『何かやってるの?』と聞かれていたので、今回の結果を報告した際には泣くほど喜んでくれた方もいました(笑)」

――宇賀神選手がトレーニングを始めたきっかけは何だったのでしょうか。
「3年前の自粛期間中に『ひまやなぁ~』と思い、YouTubeやDVDを真似して自宅トレを始めたことがきっかけです。そこからパーソナルジムに通うようになり、『せっかくトレーニングをするのであれば大会目指してみては?』と、トレーナーからの後押しもあり大会出場を目指すことにしました」

――普段はどんなトレーニングを行っていますか?
「私は専業主婦なので基本的に日中にトレーニングを行います。とくにこだわっているのは、背中からウエストにかけてのVシェイプ、丸いお尻作りです」

――身体のコンディションを保つ秘訣はありますか?
「乳製品が大好きなので、減量中もカフェオレは毎日飲んでいましたし(無脂肪牛乳や豆乳、オーツミルクで)、ヨーグルトやチーズも食べて、あまり食事のストレスがかからないようにしていました」

――今回、優勝するために一番強化したことは?
「トレーニング、減量は根気です。しかし、ポージング練習は時間を費やして練習しないとステージで身体のアピールが出来ません。とくにサマスタはステージング力も重要で、せっかく頑張ったトレーニングや減量を無駄にしないためにも『魅せたい』という気持ちを強く持ち、取り組みました。次は日本一を目指します!」

――最後にこれから筋トレを始めようと思っている方々へのアドバイスはありますか?
「私はアラサーから筋トレを始めました。子供も産んでます。きっと産後にお尻が垂れたり、お腹周りが変わってしまったというお母さんはたくさんいると思います。でも、私は10代のとき、20代のときより今の身体が一番好きです!大会の動画を見返した際に、『ママすごい!』という子供の声が入っていたのが嬉しくて……。これからも腹筋の割れた、カッコいいママでいたいです。トレーニングや減量はすぐに結果が出ないからしんどい、続かないってイメージがありますよね。しかし、続けていれば絶対楽しくなります!将来の自分の健康のためにも、ぜひトレーニングをしていただきたいです」

取材:FITNESSLOVE編集部 写真提供:サマースタイルアワード実行委員会

次ページ:ビキニモデル総合チャンピオン宇賀神明選手の美腹筋

ピックアップ記事

関連記事一覧