コンテスト

モノキニビキニ女王が美脚を魅せた!アウトライン強化でサマスタPRO戦を制す

「SUMMER STYLE AWARD(サマー・スタイル・アワード)JAPAN PRO CAMPIONSHIP」が7月30日(土)、東京・日野市民会館で開催された。JAPAN PRO CHAMPIONSHIPに出場できるのは、SSA PRO契約(これまでの成績から選抜)をしている選手のみ。そのハイレベルな闘いのなか、モノキニビキニ着用で審査するBEAUTY FITNESS MODEL(ビューティーフィットネスモデル)では昨年、日本一のモノキニ女王に輝いた・前川紗希選手が圧倒的なアウトラインを披露し優勝を果たした。

【写真】モノキニ女王・前川紗希選手のバックポーズ含むポージング写真

――優勝おめでとうございます!周囲からの反応はいかがでしたか?
「家族、友人、お世話になった方々や応援してくれてる方々から祝福のメッセージをたくさんいただきました。たくさんの方々の支えがあってこそ取れた優勝ですので私に関わった全ての人に感謝しています。皆さんの応援が本当に私の力になっています」

――前川選手がトレーニングを始めたきっかけは何だったのでしょうか?
「もともとはダイエット目的です。パッと見は痩せていたのですが、お腹まわりの脂肪とセルライトが酷かったんです。外国人みたいなメリハリのある美しい身体になりたくて、家の近くの市営体育館の中にある1回160円のジムでトレーニングをしてました。そしてある時、SNSでモノキニビキニを着た、美しい女性たちがステージに立っている写真を見て一目惚れしました。私の中でサマスタは演出も含め一番かっこいい団体だと思っています!」

――現在のご職業は?また、トレーニングのこだわりはありますか?
「普段は製薬会社に勤めるサラリーマンです。土・日・祝日休み、朝から夕方まで仕事しています。その他に名古屋に出張パーソナルトレーナーとして働いてます。ビューティーフィットネスモデル部門はモノキニビキニ着用なので、アウトライン作りに特化したトレーニングを中心にしてます。減量中でも重量を落とさないこと、正しいフォームで丁寧に意識することを大切にしています。あとは、その日にトレーニングする部位のウォーミングアップに使う時間を増やしてます」

――食事についてはいかがでしょうか?
「1年中割とクリーンな食事を心がけています。たまには外食しますし、ジャンクフードも食べます。ただオフ期でも太りすぎないように気を付けています」

――今回優勝するために強化したことはありますか?
「審査基準を見て、改めて『ビューティーフィットネスモデル部門とは?』を考えてビューティーらしいポージング、雰囲気を作りました。身体では、とくに肩を強化しました。今後は、私が理想とする身体で100%のステージングでステージに立つことが目標です。私はプロ選手としてこれからも、ビューティーフィットネスモデルを目指す選手の目標となれる存在であり続けたいです」

――最後にこれから筋トレを始めようと思っている方々へのアドバイスはありますか?
「小さくてもいいので目標を立てること。筋トレによる成果が見えてくるのに時間がかかります。でも努力は裏切らないので自分に肯定的な声掛けをしてモチベーションを上げていきましょう」

次ページ:モノキニ女王・前川紗希選手のバックポーズ含むポージング写真

取材:FITNESSLOVE編集部 写真提供:サマースタイルアワード実行委員会

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト
-, ,