60歳以上級のマスターズビキニ初代女王が誕生!「トレーニングも大会出場もHAPPYのもと」

日本ボディビル・フィットネス連盟(JBBF)が主催する、”年齢別日本一”決定戦『第34回日本マスターズボディビル選手権』が8月28日(日)北海道・函館で開催され、女子フィジーク60歳以上級で沼田初恵選手(60)が優勝した。

【写真】60歳の沼田初恵選手が魅せたバックポーズ含む筋肉美

50歳を過ぎたころ、お気に入りのワンピースが着れなくなった焦りからトレーニングを始めたという沼田選手。今では筋肉系コンテストで常に上位入賞を果たすコンペティターへと躍進中だ。

今大会、念願のマスターズ初出場で優勝という結果に大会後、「優勝できてとても嬉しいです!マスターズには初めての出場で、今まで『出たいなぁ』と思いながらもボディフィットネスとフィジーク2つのカテゴリーで大会に出場しているため、日程的に難しいことがありました。毎年地方大会等で、ボディフィットネスとフィジークどちらかを一つずつ優勝してきて、今年は出場できる地方大会も減ってきたので、いよいよマスターズへ参加しようと思っていたところに60歳以上級ができたので、益々モチベーションが上がり出場をしました。今年の8月からまた会社勤めをするようになり、トレーニング時間が減ってますが、トレーニングや大会出場が楽しく、こうして嬉しい結果だとさらに楽しさ倍増で、今後はオールジャパン選手権や全日本選手権、ゴールドジムジャパンカップに出場予定なので頑張りたいと思います!とにかくトレーニングと大会出場はHAPPYのもとになっています」と喜びを語った。

文:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

次ページ:60歳の沼田初恵選手が魅せたバックポーズ含む筋肉美

ピックアップ記事

関連記事一覧