73歳で筋肉コンテストに挑戦「医師に痩せろと言われて始めました」

田中陽子選手

73歳と思えない身体

“誰でも参加できる”ボディコンテストの登竜門として大きな盛り上がりを見せている『マッスルゲート』。2022年も各地での開催が予定されており、その初戦となる「マッスルゲート神奈川」が2月13日(日)神奈川県・カルッツかわさきで開催された。レギンス着用で審査が行われるウーマンズレギンスでは、73歳の田中陽子選手が出場。ダイエットをきっかけに始めたという筋トレで70歳を超えてもキレイな身体を維持する田中選手に話を伺った。

【写真】73歳と思えない身体

マッスルゲート神奈川
ウーマンズレギンス65歳超級 優勝
田中陽子選手

――まずはトレーニングを始めたきっかけから教えてください。
「4年前、膝関節症で歩けなくなり太る一方で、医師から痩せるように言われたのをきっかけに始めました」

――トレーニングはどのように行っていますか?
「早朝出勤前に有酸素運動とストレッチして、筋トレを毎日行っています」

――トレーニング中に意識していることを教えてください。
「鍛えている部位を意識して行っています」

――自慢の部位は?
「肩、背中、腕が自慢です。トレーナー指導のもとマシンを使って行っています」

――トレーニングをしていて良かったと感じることはありますか?
「身体が変わって健康になりました」

――トレーニングで辛かった経験などありますか。
「成果が現れないときはつらかったのですが、焦らず「今より少し前進」と言い聞かせていました。
朝、目覚めたときに思い付いたことを大きく書き出し壁に貼ります。例えば「勝つ!自分に」「あと一歩前にすすむ」「行動しなければそうはならない」などです」

――普段から食事なども工夫していますか?
「肉、魚、野菜、ご飯を摂っているか確認しながら料理する」

――普段摂取しているサプリメントはありますか?
「プロテイン、粉飴、ÈÁÁ」

――減量やバルクアップで意識していることは?
「減量は筋肉をつけて、食事に気を付けています。バルクアップはまだやったことないのでやろうと思います」

――お気に入りのトレーニングアイテム?
「ラットプルダウン」

――憧れている、目標にしている人はいますか?
「菅原千草さん(娘ですが本当に努力し、身体を変えた身近な人です)
安井さん、長瀬陽子さん、岡部友さん」

――トレーニングや食事の参考になるものは?
「選手のSNSを見ています」

(取材・文:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介)

次のページ:73歳と思えない身体を披露

ピックアップ記事

関連記事一覧