高身長の大型イケメンメンズフィジーク選手、直野賀優が満票で圧倒し新階級でも優勝

9月19日(月・祝)、神奈川県茅ケ崎市の茅ヶ崎市民会館で『オールジャパンフィットネスチャンピオンシップス2022』が行われた。昨年までは年齢別+身長別によるクラス分けで行われていたが今年からは、マスターズカテゴリー(35歳以上)と、年齢分けを除いた身長別カテゴリーで2日間にわたり開催された。今回新設された180㎝超級では、昨年の最長身クラス(176㎝超級)で優勝を果たした直野賀優選手が新設の本クラスで優勝し見事に連覇を達成した。

【写真】デカい!かっこいい!コントラスト凄まじい逆三角形ボディの直野選手

昨年は40歳未満176㎝超級に出場。同年6月に愛知県名古屋市で行われた『スポルテックカップ2022』メンズフィジーク優勝の″次世代フィジーク”と称された穴見一佐選手と少しのポイント差の中優勝を果たすなど、ギリギリのところで競っていく直野選手の優勝時の様子は安堵の表情さえ見られた。また、昨年の課題として自身で仕上がり面を気にしていた。
今年の直野選手は課題点をさらにブラッシュアップ、仕上がりも早い段階で良い状態になっていたのがSNSなどで見てとれた。また、雑誌『IRONMAN』10月号のインタビューでは、今年は自身の絞りに関して、今までとは違いかなり良いという答えがあった。直野選手自身も大きな手ごたえを感じていたという。その自信も伴った結果、今大会は他を寄せ付けずオール1位票で全てのラウンドを終えた。グランドチャンピオンシップスに向けてより気持ちが引き締まると感じるが、直野選手はどんな見せ方でステージ上に立つのか。もうすぐ大決戦の幕が上がる。

◆メンズフィジーク180㎝超級 結果
優勝 直野賀優/2位 沢田真吾/3位 門井 大/4位 畑中啓志/5位 津森一誠/6位 小川優駿

取材:FITNESS LOVE編集部

関連記事☟

ピックアップ記事

関連記事一覧