「人生初の全国大会を経験したい」JR北海道の運転士のメンズフィジーク競技挑戦

11月13日に行われたマッスルゲート札幌のメンズフィジークマスターズ172cm以下級で優勝した伊藤圭祐選手(39)。JR北海道の運転士をしながらトレーニングに励む伊藤さんのトレーニング事情を聞いた。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

【写真】伊藤圭祐選手の割れた腹筋

──トレーニングを始めたきっかけは何ですか?
「ダイエットです」

──大会は?
「『筋トレの何が楽しいの?何になりたいの?何目指してるの?』と言われて、何も言い返せなくて悔しかったこととトレーニングしてても自分自身変わらない身体変えるために大会に出場し、目標を持つことで減量にも本格的に向き合えると思ったのがきっかけです」

──普段のトレーニングについて教えてください。
「胸、背中、肩、腕、脚の5分割で週5~6日でトレーニング時間は1時間から1時間半くらいです」

──トレーニングで意識していることは?
「効かせれる重量を伸ばしていくことです」

──仕事との両立についてはいかがでしょうか?
「JR北海道運転士をしています。仕事が不規則なため決まった時間にトレーニングができないので空いてる時間を探して計画を立てています」

──最後に次の目標を教えてください。
「ゴールドジムJAPAN CUPに出場して、人生初の全国大会を経験したいです」

次ページ:伊藤圭祐選手の割れた腹筋

ピックアップ記事

関連記事一覧