酒ばかり飲んでいた生活を一新し見事な筋肉美を手にした26歳「きんに君があだ名になりました」

中山海選手10月23日のマッスルゲート愛知と11月5日のマッスルゲート静岡でメンズフィジーク168cm以下級2連覇を達成した中山海選手。お酒が大好きで毎日飲んでいた生活を一変し、見事にシェイプされた身体を手にした中山選手。トレーニング法や栄養摂取について聞いた。

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中島康介

【写真】中山海選手の見事に割れた腹筋

──いつからトレーニングを始めましたか。
「2018年5月からです。社会人になってから2つ上の兄貴が始めたので自分もムキムキ目指して始めました」

──大会出場を決めた理由は?
「初出場のときは自分の身体がどこまで通用するか気になったので出場しました」

──普段のトレーニングメニューを教えてください。
「1日1部位で胸、三頭、背中、肩、二頭の5サイクルを休みなく回しています。このどこかに週2回で腹をやっています。効かせながらレップ数をこなすことと、ステージで他の選手に勝つことを考えながらトレーニングしています」

──トレーニングをしていてから変化は何ですか。
「とても人間的に強くなれたことです。お酒が好きで毎日飲んでいて、ただ平凡な毎日を過ごすだけのあのときの自分がまさかここまで成長するとは思っても見なかったです。今はお酒をキッパリ辞めトレーニングをし、ステージ上で勝つことだけを考えています!また、友人の引越しや職場での重いものを持つときなど、よく頼られるようになりました。そして、苗字が中山なのできんに君があだ名になりました!」

──仕事とトレーニングの両立について苦労、工夫していることは何ですか。
「交代勤務で朝帰りで非常に身体はキツイですが、なるべく日中に活動できるように時間を調整しています」

──食事でこだわっていることは何ですか。
「減量中はGI値の低いものから摂るようにしています。干し芋を取り入れて身体を絞りました。サプリメントはゴールドのBCAAをこまめに摂りつつ、食後にマルチビタミンを摂っています」

──減量で意識していることがあれば教えてください。
「脂質をなるべく取らないように意識して食事をしています。腹に太い血管が2本、右肩に1本見えてくるまでやり込むと言うのを意識しています」

──バルクアップで意識していることがあれば教えてください。
「効かせながら高重量で追込み、よく食べてからしっかり寝ることを行っています」

──今大会に向けて強化した部位やポイント
「愛知大会から2週間あったので、そのときよりもさらに皮1枚に近づけられるように今回は水分量を考えて摂りました。自信のある大円筋とミッドセクションをさらに良くするためにやれるだけやり込みました」

──これから大会を目指す方へのアドバイスをお願いします。
「挑戦、やってみることが大事だと思うので思い切って第1歩を踏み出してみてください」

次ページ:中山海選手の見事に割れた腹筋

ピックアップ記事

関連記事一覧