子育てママに伝えたい!健康美コンテスト準グランプリのママからのメッセージ【筋肉道Vol.69】

深田彩香さんトレーニングの取り組み方は十人十色、始めたきっかけや目的ももちろん違う。ここでは、トレーニングに励む愛好家達の軌跡を辿ってみよう。今回紹介するのは、子育てママでありながら2020年ベストボディ・ジャパン日本大会準グランプリなどの実績を誇る深田彩香さん(28)。トレーニングライフの軌跡を辿るとともに、子育てママに伝えたい思いを語ってもらった。

【写真】深田彩香さんのコンテストで魅せたビキニ姿

深田さんは学生時代は特別スポーツをやらずに過ごしてきたが、産後太りをきっかけにダイエットを決意。初めて運動を習慣にした生活を送る。
「最初は太ってしまったので、運動をしようという軽い気持ちでジムに入会しました。トレーニングを始めていくと段々と習慣になり、楽しいと思うようになってきました」

トレーニングは子どもが寝ている朝6時から1時間だけを2日に1回ほどの頻度で行った。身体が変わったころ、深田さんにコンテスト街道を歩む転機が訪れる。
「友人にベストボディ・ジャパンへの出場を勧めていただき、思い切ってエントリーしました」

初戦となった2020年ベストボディ・ジャパン盛岡大会でグランプリを飾ると、その年の日本大会では準グランプリに輝いた。
「結果は嬉しかったですし、正直驚きました。それに、日本大会には全国各地からいろいろな方が集まります。優しくて綺麗な方ばかりでそれをみているだけで、ますますベストボディ・ジャパンに惹かれていました。そこで出会った友人と情報交換をしたりするのも今でも続けられている理由の一つになっています」

58kgほどあった体重を43kgまで絞ることに成功した深田さんは見た目だけでなく、健康面でもうれしい変化があったという。
「トレーニングを始めてから風邪をひきにくくなりました。免疫力が付いた気がします。それに太りにくい体質になったと思いますし、日常が楽しくなりました。いいことばかりです」

深田さんは子育てをしながらでもトレーニングを日常的に行うことを世の中のママに勧めたいという。
「子育てをしながらだと、自分の時間を見つけるのは大変ですが、何もしないと身体は弛んで、生活は張りがなくなってくると思います。子育てで手一杯になるお母さんの気持ちは分かりますが、ちょっとした家トレでいいので身体を動かす時間を作ってほしいです。ボディメイクをして輝ける経験をしてほしいです」

現在は旦那さんの経営するサロンでアイリストとしても活躍する深田さんは、今年は女性専用のジムでのトレーナーとして活動を予定している。
「同じような子育てママたちに何かプラスの影響を及ぼせるような人になりたいです。お仕事、コンテストなどを通して伝えていきたいです」

次ページ:深田彩香さんのコンテストで魅せたビキニ姿

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:舟橋賢

ピックアップ記事

関連記事一覧