名取聖乃さん

コンテスト womens

園児からのあだ名は「ゴーリキー」。26歳・保育士がメリハリのある肉体でビキニモデル優勝!

名取聖乃さん10月9日(月・祝)、埼玉県・行田市産業文化会館にて「サマー・スタイル・アワード関東予選」が開催され、ビキニモデル部門トール(161cm以上)クラス優勝を飾った名取聖乃(なとり・さとの/26)さん。普段は保育士として忙しく働いている名取さんは、自身のトレーニングやコンテスト経験で、職場に良い影響を与えることができているという。

【写真】26歳・保育士の名取聖乃さんが披露したメリハリボディ

「普段は保育士をしていて、大会への準備期間はバタバタすることが多かったのですが、無事優勝を周りの方々に報告することができてすごく嬉しいです」

美しくシェイプされた身体を披露し、優勝した名取さん。仕事とコンテストに向けた準備を両立させての勝利だった。

「とにかく、トレーニングやポージングなどの時間をつくれるようにしました。お昼は子供たちと一緒のものを食べれることはあまりなく、自分だけ違うものを食べていたりしましたが(笑)。時間が限られている中でもしっかりと準備して臨めたと思います」

名取さんのコンテスト出場は、「大人になっても夢中になれる」という魅力を感じたことがきっかけだった。

「これまでは、ずっと24時間ジムに通っていました。ですが知識も経験もない中で一人でトレーニングしたところであまり成果は出ず、そのうち『本格的にトレーニングしてみたいな』と思うようになり、パーソナルジムに通い始めました。そこで、『大人になっても夢中になれるっていいな』と思い、ボディコンテストへの出場を決めました」

名取さんのトレーニング、ボディコンテスト出場は職場にも良い影響が。

「トレーニングやボディコンテストで頑張っている姿を見て、職場の他の先生たちがトレーニングを始めたりしてくれていることは、とてもうれしいです。『健康的な身体』を職場に伝えることができているのではないかと思います。また、子供たちにはボディコンテストに出ていることは伝えていないのですが、私にすごいマッチョという印象があるらしく(笑)、私の姿を見て、腕立て伏せや腹筋など楽しそうに身体を動かしているところを見て『微笑ましいなぁ』と思っています。ちなみに子供たちからは『ゴーリキー』というあだ名をつけられています(笑)」

最後に、トレーニングなどの趣味は、無理のない範囲で、自分を追い込みすぎないことが重要だと名取さんは語った。

「忙しさは人それぞれなので、趣味などは無理のない範囲で取り組むことが一番だと思います。疲れたら一度休むことも大事です。これまでに、自分を追い込み過ぎて良くない状態になってしまった人を何人か見てきました。なので、趣味は楽しくやることが大事だと思いますし、私もそのスタンスです。最後はニコニコして終われるようにしています!」

次ページ:26歳・保育士の名取聖乃さんが披露したメリハリボディ

取材:FITNESS LOVE編集部 撮影:中原義史

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-,