ミス日本“みどりの女神”が岸田総理を表敬訪問【ミス日本便り】

2022ミス日本みどりの女神の成田愛純が、「緑の羽根」着用キャンペーンで総理大臣官邸を訪れ、岸田総理大臣を表敬訪問しました。

日本では4月15日から5月14日を「緑の月間」と定め、森林整備や緑化の推進などに使用される募金運動が全国的に行われています。

成田は岸田総理に緑の羽根を贈り、森林整備への理解と促進に協力をお願いしました。岸田総理からは「日本にとって森林はとても大切なものであって、これからをつなぐ若い世代には期待している」とお声がけいただきました。

成田はいつもニュースなどで見ていた総理官邸に実際に足を踏み入れ、その警備や報道の多さに緊張を感じておりましたが、岸田総理大臣がお越しになってからはしっかり役目を果たし、歓談の時間には「総理大臣は(森の恵みである)きのこはお好きですか?私は毎日料理をするので大好きです」などと森にちなんだ話題で盛り上がりました。

文・写真提供:一般社団法人ミス日本協会


ミス日本コンテストは、日本人らしい美しさを備えた女性を育成・輩出し、より良い社会を築くことを目指しています。1950年に第1回が開催されており、日本で最も歴史と伝統のあるコンテストです。審査では外見に加えて、教養などの内面や、将来の目標への努力といった行動を重視しています。大会の特徴として、出場するファイナリストたちには日本の歴史や道徳、浮世絵やお能といった文化、メイクやスピーチなどを始めとする30講座にも及ぶ勉強会が提供されており、育成の性格を持ったコンテストとして知られています。ミス日本出身者からはこれまで文化、芸術、学問、ビジネス、政治、アナウンサーや女優、モデルなど様々な分野で活躍する女性を多く輩出しており、受賞者それぞれが願う分野で活躍しています。
公式サイトはこちら https://www.missnippon.jp/

ピックアップ記事

関連記事一覧