ミス日本河野瑞夏 実践するSDGsについて川越青年会議所で講演【ミス日本便り】

ミス日本グランプリの河野瑞夏が、公益社団法人川越青年会議所で開催された「経営×SDGs」講演会に講師として登壇しました。

ミス日本グランプリの河野瑞夏が登壇

もはや知らない人はいない、国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」について、普段の生活や実践にどう落とし込んでいくかを、SDGsの理念を解説しながら紹介していきます。

講演会はオンラインとリアルの両方で行われ、300名近い視聴者に講演が披露。

講演の中では「現状を知る」ことの大切さをお話し、気候変動の統計や排出CO2の計算機を紹介しながら、私達一人ひとりの日常生活の改革の必要性をわかりやすく説明。その上で、河野自身が日常生活に取り入れたいくつかのこと(マイボトル、通学手段の変更、生鮮食品の地産地消意識)などで、Co2を半減できたエピソードを紹介しました。

公益社団法人川越青年会議所で開催された「経営×SDGs」講演会

ミス日本協会は2017年にSDGs課題解決に貢献を宣言し、持続可能な環境づくりに自発的に取り組んでいます。
参考URL:https://www.missnippon.jp/sdgs

文・写真提供:一般社団法人ミス日本協会


ミス日本コンテストは、日本人らしい美しさを備えた女性を育成・輩出し、より良い社会を築くことを目指しています。1950年に第1回が開催されており、日本で最も歴史と伝統のあるコンテストです。審査では外見に加えて、教養などの内面や、将来の目標への努力といった行動を重視しています。大会の特徴として、出場するファイナリストたちには日本の歴史や道徳、浮世絵やお能といった文化、メイクやスピーチなどを始めとする30講座にも及ぶ勉強会が提供されており、育成の性格を持ったコンテストとして知られています。ミス日本出身者からはこれまで文化、芸術、学問、ビジネス、政治、アナウンサーや女優、モデルなど様々な分野で活躍する女性を多く輩出しており、受賞者それぞれが願う分野で活躍しています。
公式サイトはこちら https://www.missnippon.jp/

◀トップページに戻る

ピックアップ記事

関連記事一覧