筋トレQ&A|腹筋でくびれはできない!?くびれを作る方法は?

トレーニングを続けていると、ふとした時に疑問や不安が出てくる方も多いはず。ここでは筋トレにまつわる疑問をパーソナルトレーナーの天童愛ゆ美さんに聞いてみました。今回は、「くびれ作りに良い方法」について。

筋トレQ&A
くびれ作りに良い方法は?

腹筋をするとお腹は割れてきますがくびれはできません。くびれ作りに良い方法は?

くびれ作りに良い方法は?

腹筋は、骨盤から肋骨を繋ぐ筋肉で、腹直筋と言われています。働きはおもに上半身の前屈になります。その他には、横に曲げる動きの側屈、回旋させる働きの外腹斜筋、内腹斜筋があります。くびれが出来ない理由は腹直筋だけを鍛えていてもくびれは出来ません。くびれを作るトレーニングは腹斜筋、腹横筋そして広背筋と脊柱起立筋下部を鍛えることによって作られます。捻りの運動を取り入れ、腰周りのトレーニングに加えて、グッドモーニング(脊柱起立筋)、ツイストレッグレイズ、ロシアンツイストがお勧めです。

教えてくれたのは、天童愛ゆ美 さん
ゴールドジム公認パーソナルトレーナー。2007年女子ボディビル東アジア選手権大会52㎏級2位、アジア選手権大会52kg級3位、07年&08年日本選手権大会9位、08年ジャパンオープン選手権大会優勝、08年東京選手権大会優勝ほか入賞歴多数

ピックアップ記事

関連記事一覧