サボれない筋トレ!? 自宅で効果を上げる腹筋トレーニング

腹筋強化はもちろん、脂肪も燃焼させるのが器具を使ってのトレーニング。器具を使って、効かせたい腹筋(腹直筋・腹斜筋など)を意識して効かせられることができれば、より効果が引き出せるはず! いつも同じやり方で行っているという方、器具を上手に使い分けて、多角的に腹筋トレーニングを行いましょう! 今回使う「チューブ」は、少しでも力を抜く緩んでしまうので、力がしっかり入っているか確認しながら行うことができます。

文:磯貝哲也、FITNESSLOVE編集部 写真:北岡一浩

 教えてくれたのは n a o さん
ゴールドジムスタジオインストラクター兼スタジオディレクター。
1996年よりボディビルを始め、2005年東京選手権優勝、2015年日本選手権女子フィジーク2位、2016年北京アジア大会優勝、2016年世界選手権大会7位、2017年アーノルドクラシックコロンバス8位と、数々の好成績を収める。

チューブ

チューブを使う理由

「しっかり力を入れてトレーニングできているかを感じる」ためです。タオルなどを使用しても良いですが、チューブの場合は少しでも力が入っていないと緩むのを確認できます。

体幹強化にも効果的

ツイスト

腹直筋腹斜筋に効く!]

反対も行う

NG

NG チューブを巻き付けないようにする

胸を張ってチューブはピンと伸ばした状態で体をひねります。身体の中心から回していくよう意識していきましょう。

ツイストしたときにチューブが身体に巻きつかないように。巻きついてしまうと負荷が逃げてしまいます。

身体をひねってくびれを作る!!

オーバーツイスト

腹斜筋広背筋に効く!]

チューブを少し短く持ちます。ウエストから振り子になるように、体全体でひねりを入れます。腕肩のみで振り回さないよう注意。

オーバーツイスト

チューブをしっかり伸ばすこと

★左右に振る時に、チューブはしっかり伸ばしたままツイストしましょう。伸ばしたままでないと負荷が半減します。

◀トップページに戻る

ピックアップ記事

関連記事一覧