元宝塚直伝!身体の歪みを改善するテクニック

これまで体がズレている、脚の長さが違う、肩の高さが違うなど、「左右差」に気づかれたり、指摘されてきた方がいらっしゃると思います。そう言われると直さなきゃいけないと思うものですが、左右が非対称になっているのが本来の人間です。毎日トレーニングをしている人も、仕事中などの日常生活のクセで左右の「非対称」が生み出されています。
人間の体はテントのように、中心軸を取ると左右に同じ力が掛かるという本能的な性質を持っています。今回は、中心軸に力を集めてグッと上に引き上げるという、クラシックバレエ式トレーニングで、左右の「非対称」にアプローチしていきましょう。

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

体軸と重心を整えるトレーニング

1. 腰を落とし、手足ともに大きく広げる

つま先と膝は同じ方向を向ける。手の平は上に向け、大きいボールを持ち上げているイメージで

2. ボールを持った手を閉じながら腰を上げていく

手はボールから大きなアルファベットの「O」の字を作る感じで

3.頭上の「Oの字」を横へ巻き込んでいく感じで左を向く

前足は伸ばして後ろ足は折り曲げ、重心は真下に落とす

4.一度戻って

5.逆のポーズをとる

※止めずにゆっくり動かしていく感じで、左右交互に5セットぐらい行う。


取材・文: 長谷川 亮 写真:北岡 一浩
※この記事は「Woman’sSHAPE (Vol.15)」に掲載したものです。

ピックアップ記事

関連記事一覧