“腸腰筋”を効率的にアプローチする方法

今回ご紹介するのは、お腹まわりの腹直筋、腹斜筋、横隔膜、腸腰筋などにアプローチするメソッドですが、ストレッチをかけながら同時に負荷をかけることで、より効率的にウエストシェイプを図れます。女性らしいしなやかな体、使える体を手に入れるには、ストレッチで引っ張った状態から負荷をかけるというのが、宝塚式お腹引き締めメソッドです。

腸腰筋・横隔膜へのアプローチ

横隔膜と腸腰筋へのアプローチ 少し手順の多いメソッドですが、どこを伸ばすか、締めるかを理解しながら行うことで腹斜筋などの腰まわりや背中まわりも同時にストレッチできます。一連の動作を行う際は呼吸を止めないことがポイントです。

1.うつ伏せの状態から、両手で上半身を支え持ち上げる

この状態で呼吸することで、横隔膜に効く。

2.上半身を持ち上げたまま、右を向く

腰まわりをひねることで腹斜筋をストレッチ。

顔を正面に戻したら左も同様にひねる

 

3.正面を向き、両足のつま先を立てる

4.そのままお尻を上方へ上げていく

床と上半身、下半身が三角形になるように

お腹を引き上げることで横隔膜、腹筋、背筋が自然と効く。

 

5.息を吸いながら右足を上げていく

そのまま上げるのではなく、ぐっと力を入れたまま引き上げていく。

 

6.息を吐きながら右ヒザを曲げ、背中を丸めて3秒間キープ

できるだけ小さく丸まる

ヒザと鼻がくっつくイメージで、できるだけ小さく丸まると、腸腰筋が刺激される。

 

7. 4の状態に戻ったら、左も同様に伸ばし、曲げる

左右交互に5セット

 

教えてくれたのは… 生尾 美作子 (いくお みさこ)
大阪府出身。1995年に宝塚音楽学校へ入学し、97年には宝塚歌劇団星組に入団。
男役・拓麻早希としてドイツ・ベルリン公演や、日中国交正常化30周年中国公演など、出演は1000公演を超える。
2002年に退団し、マッスルミュージカルや劇団☆新感線の舞台、テレビなどで活躍。05年からは女性専用フィットネス BurterflyLifeを立ち上げ、遺伝学、免疫学をベースにした自身のビューティーメソッドを6500社に提供している。

取材・文:藤村幸代 写真:北岡一浩


ピックアップ記事

関連記事一覧