トレーニング mens

ボディビル世界王者が解説!カッコいい肩はほんの少しのコツの違いで作れる 実践編

鈴木雅選手がトレーニングをディープに、細かく紐解いていくこの企画。今回は三角筋の後篇。三角筋側部の種目の続きと後部の種目、そして僧帽筋の種目であるシュラッグとの組み合わせ方についても解説します。ほんの少しのフォームの違いで効き具合が格段に良くなります。カッコいい肩を作りたい方は必読です。

構成:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

【まずはこちらをお読みください】ボディビル世界王者が解説!カッコいい肩はほんの少しのコツの違いで作れる

ワンハンド・マシンラテラルレイズ

いったん肘を上げ、そこからやや肘を下げてからスタートポジションをつくり、動作に入る。マシンの軌道に自分の体を合わせていくこと。上げたときは、顎を反対側(右で行った場合は左側)に軽く引く

POINT
・ハンドルは握らない
・実施する側(右で行う場合は右側)に重心を置く
・マシンの軌道に自分の体を合わせていく

ベントサイドレイズ

シートに浅めに座って上半身の力を抜く。ダンベルの側面を外に向けたまま、肘を横に出していく。ダンベルの重みで肘から前腕を吊るようなイメージで動作する

・ダンベルは小指、薬指、中指で引っかけるようにして持つ
・ダンベルの重みで肘から前腕を吊るようなイメージで行う

次ページ:アップライトロウ

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-,