【仰天ビフォーアフター】その絞り込まれた筋肉美を持つ身体はまさしく”日本刀”Mr.ユニバース須藤孝三

日本のボディビルのトップ選手たちを見ると、大きな筋肉とパワーをまとっている。始めから素質があって、もともと強い身体をしていたのではないか? そんな疑問を解消すべく持ち上がった本コーナー。中学2年生からトレーニングを始め、世界中のボディビルマニアなら知らない人はいない、すさまじく絞りと均整の取れた身体・ポージングで”日本刀”にも例えられた、ボディビルナチュラルボディビルの世界最高峰「Mr.ユニバース」世界チャンピオンに輝いた須藤孝三選手のボディビルに出会う前の貴重な写真を公開。

取材・文:IRONMAN編集部

【仰天】須藤孝三手のビフォーアフターの写真はこちら

生年月日

1951年1月5日(70歳)

トレーニング歴

57年

ボディビル歴

13年(1970年~1983年)デビューは1970年ミスター実業団青年の部5位。最後の大会は1983年プロミスターユニバース13位。

主なボディビル大会入賞歴

1975年、1976年NABBA ミスターユニバース・ミディアムクラス優勝/1974年、1976年ミスター日本優勝

次ページ:須藤孝三選手のBeforeからAfter写真公開

美しい肉体になるための記事

ピックアップ記事

関連記事一覧