• HOME
  • 記事
  • トレーニング , mens
  • 【人間の肩の筋肉は極めるとこうなる】日本屈指のパパマッチョが教えるカッコイイ身体を作るトレーニング法をミライモンスターが学んだ

【人間の肩の筋肉は極めるとこうなる】日本屈指のパパマッチョが教えるカッコイイ身体を作るトレーニング法をミライモンスターが学んだ

筋肉とボディビル界のライモンスター、いやリアルモンスター・相澤隼人選手が日本一丸い肉体を持つと言われている、ゴールドジムアドバンストレーナー・加藤直之選手の肩(三角筋)のトレーニングに迫った。あまりの強度と重量に、相澤選手も思わず目がまん丸、すなわち『ポン・デ・ケイジョ』なみの丸さになっていった…。いったいどんなトレーニングが行われたのか? 肩のトレーニングに行き詰った人から、初心者~上級者までも見てほしい記事をご覧あれ!

取材・写真:月刊ボディビルディング編集部 大会写真:中島康介

 

3児のパパにして、日本のトップビルダー・加藤直之選手(左)と、今年の日本チャンピオン・ミライモンスター相澤隼人選手

マルモリ肩の作り方③ TECA マシンサイドレイズ

狙う部位:三角筋側部
三角筋側部狙いの種目はダンベルのサイドレイズとこちらのTECAのマシンを用いたサイドレイズの2種目である。ダンベルのサイドレイズの目的としては、三角筋側部の筋力と筋肥大をメインとしてい たが、マシンのサイドレイズでは主にパンプアップを目的として行っていく。通常、ダンベルやバーベルなどのフリーウエイトは重力運動の為、サイドレイズなどの種目では初動の位置(肩関節軽度外転位)では負荷が乗りづらい。そこで、軌道が決まっていて負荷が乗り続けるマシンのサイドレイズを行うことにより、フリーウエイトでは補えない初動の負荷を補うと共に、安定した軌道の中で三角筋側部のみを使いパンプアップさせて行く事が可能になる。
右手で行う時は右脚に重心をのせ、グリップは全体を握りながらも小指側を少し強めに握る。トップのポジションでしっかりとグ リップ握ることにより、収縮ポジションで負荷を逃さず受ける事ができる。片側で5セット行うが、5セット全てをドロップセットで行う。この日行った重量は100㎏から始め、60㎏まで10㎏刻みで行う5セットであった。テンポよく動作を行う中で、回数にこだわったり数えたりするようなことはせずに腕を動かせなくなったらそのセットが終了する。そして、セット終了から20秒ほどのインターバルをとった後に次のセットを開始する。種目自体はシンプルであったが、フリーウエイトで行った高重量のサイドレイズとの相性が非常に良く、三角筋側部を満遍なく刺激する事ができたと感じた。

ピックアップ記事

関連記事一覧