効果的なクローズグリップ・ベンチプレスで太い上腕三頭筋を手に入れる【動画解説付き】

上腕三頭筋を発達させるためには、どのようにしたらいいのだろうか。今日は、鈴木雅トレーニングアップデート術からクローズグリップ・ベンチプレスの握り方から正しい上腕三頭筋への効かせ方をご紹介します。

クローズグリップ・ベンチプレスのNG例

手首を立てた場合
親指を回したオーバーグリップで握り手首を立てた状態で行うと肘関節が屈曲しづらく、上腕三頭筋よりも肩に効いてしまう

指で握った場合
基節骨や中手骨遠位で握ると手首が返りすぎ、痛める原因となる

クローズグリップ・ベンチプレスのOK例

中手骨で握った場合

バーを手のひらの中央に乗せ手首を楽にして構えることで肘関節が屈曲しやすくなり、上腕三頭筋をストレッチしやすくなる。手首を少し返したサムレスグリップで、肘を閉じるようなイメージで下ろしていく

 

最後に鈴木雅選手の解説動画でおさらいをしましょう。

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。

取材:藤本かずまさ 撮影:t.SAKUMA

ピックアップ記事

関連記事一覧