意外と知らないトレーニングベルト(パワーベルト)の正しい付け方【動画解説付】

筋トレのパフォーマンスを高めたい。高重量のスクワットやデッドリフトをやりたい。そんなトレーニーにぜひ使って欲しいトレーニングベルト(パワーベルト)。ここではボディビル世界王者の鈴木雅選手から正しい付け方・巻き方を動画で解説してもらった。トレーニング時の腰痛にお悩みの方も正しい使い方をマスターしてみると改善されるかもしれません。

監修:鈴木雅 取材:藤本かずまさ 撮影:北岡一浩

トレーニングベルトの正しい付け方

ベルトの締めすぎはNG!肋骨が開く要因に!まずはトレーニングベルト(パワーベルト)の締め方に関する動画をご覧ください。

ポイントをもう一度写真をみながら振り返ってみます。

トレーニングで使用するトレーニングベルト(パワーベルト)は、肋骨を閉めた状態で巻いたほうが腹圧をかけやすい。ギュウギュウに締めつけるのではなく、指1本入るくらいの隙間を空けましょう。パワーラックなどを使ってキツく締めると、肋骨が開いて腹圧がかかりにくくなってしまいます。

◀トップページに戻る

鈴木雅(すずき・まさし)
1980 年12月4 日生まれ 福島県出身。
2004 年にボディビルコンテストに初出場。翌2005 年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2009 年ワールドゲームズボディビル80㎏級3 位。2010 年から日本選手権で優勝を重ね、2018 年に9 連覇を達成。2016 年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2 つの世界大会でも優勝を果たした。


執筆者:藤本かずまさ
IRONMAN等を中心にトレーニング系メディア、書籍で執筆・編集活動を展開中。好きな言葉は「血中アミノ酸濃度」「同化作用」。株式会社プッシュアップ代表。

筋トレのモチベーションが上がる

ピックアップ記事

関連記事一覧