しゃがみ方による違い解説(撮影:北岡一浩)

トレーニング mens

【筋トレ1分コラム】しゃがみ方で効く部位は大きく変わる!ボディビル世界王者の1分解説

しゃがみ方による違い解説ゴールドジムアドバンストレーナーでボディビル世界チャンピオンの鈴木雅さんがトレーニングをひも解いていくウエイトトレーニング雑誌IRONMANの人気連載『トレーニングアップデート術』から、1分で読めるトレーニングワンポイント解説を紹介するこのコーナー。テーマはマシンの使い分け方。今回は脚を鍛える際の、狙う部位による身体の動かし方の違いについて。内容が少し難しい方は、文末の「まとめPOINT」だけでもOK!

【写真解説】しゃがみ方による効く筋肉の違いについて動作をしながら解説!

人のしゃがみ方には「股関節からしゃがむ(股関節屈曲・伸展)」パターンと「膝関節からしゃがむ(膝関節屈曲・伸展)」パターンがあります。脚のトレーニングでは、股関節の屈曲・伸展か、膝関節の屈曲・伸展かで対象となる筋肉が異なってきます。

膝関節からしゃがんでいくと、膝関節が屈曲・伸展します。このとき、主に大腿四頭筋停止部(膝付近)を使います。一方で、股関節からしゃがんでいくと、股関節が屈曲・伸展します。このとき、主にハムストリングや殿筋、大腿四頭筋の上部を使います。NGなのが、脊柱を丸めながらしゃがんでいくことです。腹圧がかけられず、腰などを痛める危険性もあります。また、脚への負荷が乗りにくくなってしまいます。

まとめPOINT
・膝関節からしゃがむと主に大腿四頭筋停止部(膝付近)を使いやすい
・股関節からしゃがむと主にハムストリングや殿筋、大腿四頭筋上部を使いやすい

鈴木 雅(すずき・まさし) 1980年12月4日生まれ。福島県出身。身長167cm、体重80kg ~83kg。株式会社THINKフィットネス勤務。ゴールドジム事業部、トレーニング研究所所長。2004年にボディビルコンテストに初出場。翌2005年、デビュー2年目にして東京選手権大会で優勝。2010年からJBBF日本選手権で優勝を重ね、2018年に9連覇を達成。2016年にはアーノルドクラシック・アマチュア選手権80㎏級、世界選手権80㎏級と2つの世界大会でも優勝を果たした。

次ページ:しゃがみ方による効く筋肉の違いについて動作をしながら解説!

取材:藤本かずまさ 構成:FITNESS LOVE編集部 撮影:北岡一浩

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-,