西村幸穂さん

コンテスト womens

29歳・看護師がボディコンテストでビキニ2冠 「結婚式のため」のダイエットが筋トレのきっかけ

西村幸穂さん夏の似合う健康美を競うボディコンテスト、サマー・スタイル・アワードの新人類[関西]&西日本ROOKIE CHALLENGE CUPが6月22日(土)に大阪・吹田メイシアターで開催された。今回ボディコンテスト初出場ながら、引き締まった痩身を優雅なポージングで魅せ、見事ビキニモデルとルーキービキニモデルで1位に輝いたのが西村幸穂(にしむら・さちほ/29)さんだ。

【写真】西村幸穂さんの「女性らしい」丸み&引き締まった全身ショット

「とても緊張しやすい性格で、今までの人生でステージに立ったり注目されるようなことは避けてきたし、またビキニで人前に立つのは恥ずかしく葛藤もありました」

堂々としたステージでのパフォーマンスとは違い、普段はとても緊張しやすく人前が苦手。そんな西村さんが、ボディコンテストに挑戦しようと思ったきっかけは一体何だったのだろうか。

「結婚式が控えていたため、一昨年からパーソナルジムでダイエットをスタートしました。トレーナーの正しい知識のもと、食事制限やトレーニングを続けることで身体が変わっていくことがとにかく楽しかったです!その結果、無事8kgのダイエットに成功して結婚式を迎えたのですが、この経験から『もっと頑張って自分の限界に挑戦したい!』と思ったのが、コンテストに興味を持ったきっかけです」

過去にも自分でダイエットをしていたが、そのときはなかなか体重が減らなかったようだ。今回はトレーナーからの正しい知識や助言でダイエットが進み、どんどん変化していく自分の姿にとてもやりがいを感じていた。それでも、西村さんはとても緊張しやすい性格で、今までの人生でステージに立ったり注目されるようなことは避け、またビキニで人前に立つのは恥ずかしく葛藤もあった。

「挑戦したい気持ちはあったものの、ビキニ姿で人前に立つことに不安も感じていました。そんなときに、ボディコンテスト経験者の方と出会う機会があり、その方に『筋トレの楽しさ』、『ステージでの他では味わえない楽しさ』があることを教えてもらい、勇気を出して挑戦しようと決めました」

過去のダイエットと違い、身体にハッキリと変化が出てきた今回のダイエット。とはいえ、ずっと順調に体重が落ちたわけではなかった。

「もともと食べるのが好きで、お菓子や甘いものも大好きなので、食べられるものが限られたのがキツかったです。そこで、朝はプロテインマグケーキを食べて甘いもの欲を満たしたり、毎食野菜を食べてかさ増ししたり、味噌汁やスープでお腹を満たすようにして工夫していました。ゼロカロリーのジュースやゼリーも活用していました。また、 苦手な脚トレを頑張った日はご褒美としておはぎや煎餅を食べていました」

ダイエットでは食事とどう向き合うかが大切になる。ただ我慢するダイエットは心もしんどくなるので、自分の欲求をどう満たしていくかが成功につながるのかもしれない。

またトレーニング時間や仕事の時間といった普段の生活との兼ね合いも大切になる。コンテストが近づくと徐々にすることも増えていく。

「看護師をしていますが、夜勤もあり生活のリズムが一定ではないので食事管理が難しかったです。そのため食事管理アプリを使用して、記録を付けることで可視化してオーバーカロリーにならないように気をつけていました。また、ボディコンテストが近づくと、仕事終わりのトレーニング、ポージング練習、そして朝はウォーキングをするなど、やることがたくさんありました。なので、お弁当は何日か分ずつ作り置きにしたり、掃除や洗濯などの家事は夫に協力してもらい、なんとか時間を作るようにしました」

とても緊張しやすい性格だと言う西村さんだが、人との出会いや自身の日常生活の工夫で優勝まで至った。さらにトレーニングを重ね、筋肉量を増やして12月8日(日)に開催される決勝大会を目標にしているという。

「ダイエットしたい、大会に興味があるけど迷っていると思っている人はまず、行動してみてほしいです!その先に今の姿からは想像できない世界が広がっています。ボディメイクを一緒に楽しみましょう!」

次ページ:西村幸穂さんの「女性らしい」丸み&引き締まった全身ショット

取材:柳瀬康宏 撮影:岡 暁

次のページへ >




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-コンテスト, womens
-,