ハイレベルな戦い!日本一を決めるボディコンテスト「ゴールドジムジャパンカップ」結果

11/29(日)東京・品川区立総合区民会館(きゅりあん)にて日本一を決める戦い『ゴールドジムジャパンカップ』が開催。
この大会はJBBF(全日本ボディビル・フィットネス連盟)が主催する大会、マッスルコンテストジャパン、マッスルゲートで上位の成績を収めたものだけが立つことができるステージ。2020年秋に全国各地で開催されてきた『マッスルゲート』の集大成でもある今大会。

まず見所として注目されたのは、ボディビル75kg以下級。2019JBBF日本ボディビル選手権で3位の加藤直之選手、同大会ファイナリストの嶋田慶太選手がエントリーしたこのクラス。歓声は制限されているが、拍手の量などから観客の熱気がより伝わる中審査が進んだこのカテゴリーを見事制したのは加藤直之選手。そして、オーバーオールも加藤選手が優勝となった。

女子フィジークでは2019JBBF日本選手権女子フィジーク4位の清水恵理子選手が優勝し、デビュー戦ながらマッスルゲート東京で優勝した才木玲佳選手が注目されたが、才木選手は見事2位となった。

ゴールドジムジャパンカップは予選がなく、ピックアップなしの全員で最初から順位付け決勝審査が進行した。序盤から緊迫感のあるステージに会場も終日席を離れる人は少なく、競技に集中する姿が見受けられた。コロナウイルス感染症対策として会話や歓声は禁止とされていたが、クラスによっては静かな熱気が伝わってくる大会だった。

クラシックフィジークではマッスルゲート石川を優勝した2019日本ジュニアの覇者・五味原領選手がオーバーオールを制し、メンズフィジークはIFBB世界ジュニア選手権メンズフィジーク176cm超級の王者の穴見一佐選手がオーバーオールを制し、若い世代の活躍が目立つ大会でもあった。

そして特別賞としてミックスドペアカテゴリー優勝以外に賞を手にした高岡 由紀江選手と斎藤 忠男選手は2人合わせて151歳。健康長寿を象徴するような2名の活躍に賞が授与された。

大会の結果は下記の通り。

クラシックフィジーク168cm以下級
優勝 本間 大地
2位 秋山 宗太郎
3位 崔 格図
4位 毛利 智明
5位 松本 尚輝
位 長田 好人

クラシックフィジーク175cm以下級
優勝 五味原
2位 持田 教利
3位 横關 裕二
4位 竹内 規泰
5位 酒井

クラシックフィジーク175cm超級
優勝 卯月 大登
2位 中溝 瑛一朗
3位 本多 勝幸
4位 江田 大和
5位 石村 重雄
6位 角山 克也

ミックスドペア
優勝 高岡 由紀江 斎藤 忠男

ボディフィットネス35歳未満
優勝 野沢 知代
2位 吉松

ボディフィットネス45歳未満
優勝 石井 ゆうき
2位 石井 さやか
3位 栗山 恵美
4位 倉持 めぐみ

ボディフィットネス55歳未満
優勝 井上 詩子
2位 新沼 隆代
3位 岩井 知子
4位 石橋 綾子
5位 志水 佐和

ボディフィットネス55歳以上
優勝 沼田 初恵
2位 吉田 邦子
3位 佐藤 とく子
4位 本村 あゆみ
5位 小峯 栄子
6位 池守 典子
7位 小島 範子

メンズフィジークマスターズ172cm以下級
優勝 関口 貴夫
2位 栗本 康弘
3位 安田 一恒
4位 三浦 剛
5位 
平山 耕平
6位 藤巻 貴之

メンズフィジークマスターズ172cm超級
優勝 杉崎 宏哉
2位 中村 宗人
3位 山本 浩司
4位 松井 秀輔
5位 金元 悠司
6位 森山 健三

メンズフィジーク168cm以下級
優勝 木村 拳太
2位 石塚
3位 島根
4位 木村 綱希
5位 中山 拓也
6位 小谷田

メンズフィジーク172cm以下級
優勝 中村 優真
2位  晴喜
3位 持田 教利
4位 金子 哲也
5位 児島 龍樹
6位 京角 省吾

メンズフィジーク176cm以下級
優勝 伊吹 主税
2位 川中 健介
3位 宮川
4位 小竹 弘宣
5位 伊藤
6位 飯田 祐介

メンズフィジーク176cm超級
優勝 穴見 一佐
2位 福本 海斗
3位 水谷 航太
4位 岩田 卓磨
5位 茂見 祥平
6位 宗野 広大

ビキニ35歳未満158cm以下級
優勝 松木 真美
2位 佐野 愛美
3位 高橋 若葉
4位 荒巻 来美
5位 椋本 裕子
6位 小原 圭由

ビキニ35歳未満163cm以下級
優勝 河野 安佳里
2位 中山 桜子
3位 日比 佑伊子
4位 渡邉 美月
5位 大竹 奈々
6位 西久保 志帆
7位 岡田 未緒

ビキニ35歳未満163cm超級
優勝  夏芽
2位 堀田 ひろみ
3位 獺口 真衣
4位  笑笑
5位 中山 知佳穂
6位 鏡石 あかね

ビキニ35歳以上160cm以下級
優勝 畠山 恵子
2位 尾川 みどり
3位 舟越 水咲
4位 寺嶋 理紗
5位 田中 裕子
6位 阿部 典子

ビキニ35歳以上160cm超級
優勝 三井 直美
2位 後藤 美智子
3位 朝廣 きよこ
4位 Akhunova Olga
5位 岩井 知子
6位 横田 なおみ

ボディビルジュニア
優勝 本間 大地
2位 坂本 陽斗
3位 横江 輝龍
4位 福田 直輝
5位 重岡 赳瑠
6位 水野 太智
7位 川田 聖侃

ボディビルマスターズ
優勝 土金 正巳
2位 加藤
3位 東田 義弘
4位 手塚
5位 山嵜 成知
6位 葉波 潤一郎

ウーマンズフィジーク
優勝 清水 恵理子
2位 才木 玲佳
3位 沼田 初恵
4位 片山 めぐみ
5位  智砂
6位 社林 佳奈

ボディビル65kg以下級
優勝 内野
2位 五味原
3位 小原 靖訓
4位 加藤
5位 杉本 友和
6位 大関

ボディビル75kg以下級
優勝 加藤 直之
2位 嶋田 慶太
3位 小田 将也
4位 土金 正巳
5位 持田 教利
6位 
三井 一訓

ボディビル75kg超級
優勝 寺山
2位 小野 善行
3位 ダイス・マーク
4位 卯月 大登
5位 鈴木 総司
6位 山嵜 成知

クラシックフィジークオーバーオール
優勝 五味原

ボディフィットネスオーバーオール
優勝 井上 詩子

メンズフィジークオーバーオール
優勝 穴見一佐

ビキニオーバーオール
優勝 柿 夏芽

ボディビルオーバーオール
優勝 加藤直之

特別賞
高岡 由紀江 斎藤 忠男(ミックスドペア)

敢闘賞
柿 夏芽
本間 大地
石塚 光

FROM THINK
柿 夏芽
山之内 瑛美

MVP
清水恵理子
加藤直之

(撮影:北岡一浩、中島康介)

ピックアップ記事

関連記事一覧