腹圧が逃げないスクワットのやり方【ワンランク上のトレーニング講座】

ジムでマシンを使ってトレーニングをする際、しっかり腹圧を意識できていますか? ゴールドジム・スタジオインストラクターのnaoさんは、トレーニングをする際に腹圧がかかっていない女性が多いと指摘します。しっかり腹圧をかけることで、代謝も上がり、消費カロリーもアップします。シェイプアップ、筋力アップを目指すなら、まずは腹圧をきちんと使えるようになることが大切です。そこで今回は、トレーニングを行う際の腹圧のかけ方についてご紹介していきます。今回のトレーニング種目は、「スクワット」です。

スクワット

下半身全体を使います。さらに姿勢を維持するため、脊柱起立筋・腹筋・大腰筋といった体幹部など全身の筋肉も鍛えることができます。

足のスタンスは肩幅くらいにし、つま先・膝は正面に向けます。骨盤を立てたまましゃがみ、足裏全体で踏ん張りましょう。しゃがんだ際には膝の位置より股関節の位置が鋭角になるようにします。
ラックアップのバーの真下に入ることで腹圧がかかったまま上げられ、余計なエネルギーを使わなくて済みます。動作中も腹圧が逃げないよう意識しましょう! 目線は少し上へ向けましょう。

身体が折れてしまうのは途中で腹圧が抜けている証拠です。終わったら腹筋が疲れているくらいが理想です。

 


教えてくれたのは… naoさん
ゴールドジムスタジオインストラクター兼スタジオディレクター。
1996年よりボディビルを始め、2005年東京選手権優勝、2015年日本選手権女子フィジーク2位、2016年北京アジア大会優勝、2016年世界選手権大会7位、2017年アーノルドクラシックコロンバス8位と、数々の好成績を収める。

取材・文_Woman’sSHAPE編集部  写真_北岡一浩

ピックアップ記事

関連記事一覧