筋肉ツーリストが三河の海辺から勝利の出港!

8月7日(土)、愛知県蒲郡市は豊田自動織機海陽ヨットハーバー特設ステージで行われた「マッスルゲート愛知」大会は、三河湾に面した海がすぐそばの会場で、本場アメリカはヴェニスのマッスルビーチコンテストのような雰囲気の中行われた。本大会には‶パワー!”でおなじみ、東京ノービスボディビル選手権チャンピオンの筋肉芸人なかやまきんに君や、圧巻ボディでカテゴリー7冠を達成したスーパー高校生など、その活躍が注目されている選手たちが出場していた。その中でも、メンズフィジーク176㎝以下級優勝山口翔矢選手に、15の質問に答えていただいた。

取材:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介

▶優勝した山口翔矢選手の大会写真はこちら

山口翔矢選手

トレーニングをはじめたきっかけ

高校時代に陸上短距離をやっておりそこで鍛えられた身体(当時はそこそこ)がクラスでちやほやされていたのがきっかけで大学に進学してからも自重でやり続けていました

ボディコンテストにでたきっかけ

社会人になってから職場の先輩が結婚式に向けてダイエットをすると一念発起しそれに触発され「自分も先輩と一緒に減量しゴールは違うけどボディコンテストに出場します!」と先輩に誓ったのがきっかけです

なぜマッスルゲートに出場したのか

エントリー方法が簡単で分かりやすかったから

学生時代にやっていたスポーツ

高校は陸上短距離、大学は特になし

現在の職業

大手ゼネコンを退職しパーソナルトレーナー4ヶ月目です

お仕事との両立

今のお仕事はいつでおご飯食べて良いカタボリック防止制度があるので非常に助かっております。ありがたいです。

ご家族の反応

いつも応援して頂いて感謝しかありません。特に大会の時は常にサポートで一緒に来てくれて客観的に僕の良いところ悪いところ、目立っていた選手を伝えてくれるので勉強になります。

普段のトレーニングメニュー

3日トレーニングして1日休む。例)脚、胸、背中、休みのルーティン。肩や腕なので細かい部位は胸や背中の最後にデザート感覚でやります。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

基本は上記のメニューですが、減量終盤は毎日スクワット、ベンチ、デッドに変えます。枯渇させるトレーニングですかね。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

前職でトレーニング中に上司から仕事の電話がかかってくること。それを乗り越えた方法は「退職」です。

トレーニングをしていて良かったこと

トレーニングがお金になること。トレーナーになれたことですね。

トレーニングでこだわっていること

絶対に設定した負荷を弱めない。

食事でこだわっていること

ストレスを溜めないこと。そのとき食べたいものを食べる。

コンテストに出て良かったこと

コンテストという短期目標があるとしっかりそこに向けて絞れるので、その過程をインスタやSNSで投稿し成長過程を楽しむことができるのが良いところです。そしてSNSで人に応援して頂けるのもとても嬉しく良いことですね。

今後の大会での目標

ボディビルで優勝します。

マッスルゲートが熱い!

ピックアップ記事

関連記事一覧